« ONE PIECE反省会<ドレスローザ編・その3> | トップページ | 逝く年、来る年2013 »

ルートはあってもループはない<今更ながらげんしけん2代目レビュー>

・前回荻上と波戸の合作が内定して自宅でヤケ酒か吉武。たしかに計画性がないと自覚はしてるだけに。
・一方荻上。笹原のアドバイスを噛み締めつつネームの考察。波戸も自分のタッチに確信が持てないか。件のスタンドもアタックをかけるが。
・そこで美少女ゲーについて興味をしめすが、しかしどちらも自分だからなあ。あと高坂本人がって、まあ素なだけに。斑目のプレイをも妄想か。キャラとしては凄まじいことに。
・夢中で着替え中に斑目と遭遇時の妄想。でも実際は斑目の方が退がってくれたか。
・まあ今にして思えばスタンドの言い分もまた自分の意思だから。
・当の斑目も仕事は芳しくないのか。いざ帰宅し直してみたら、恋愛ゲームモードかよ。
・で、吉武と矢島、4コマで話まとまったのか。
・部屋に連れ出したはいいが、件のソフトが目について、やはり後ろめたいか。しかし昨今のパソゲーはこんなのばっかだな。
・服と化粧品って、そこにおカネをかけるのもなあ、波戸も。
・ほどいたネクタイに反応してスタンドが登場。たしかに内気な本体と違ってイケイケだしなあ。
・まあ結局借りられないか。あと感想として妊娠はちょっとどうかと思うぞ。しかも男って。
・やっぱこういうのって“幼さ”も要素、だよなあ。ていうか男を出しすぎちゃマジで引くわなあ。
・まあ何というかいかに2二次とはいえ高坂のキャラをこうまでイジくるのか。それでいてヌケないのも少し分かるか。
・ここで春日部の乱入で妄想が暴走か、さすがにここまでくれば見透かされてもやむを得ないが。
・何故か朽木か話に出てくるか、訳が分からずに社会人としてとはぐらかすかな。
・でも冗談ぬきで転職も考えているが、ひとまず学園祭まではという話はまとまったが。
・結局斑目なりにフォローをしていて、ひとます腹をくくったか、波戸も荻上も。

|

« ONE PIECE反省会<ドレスローザ編・その3> | トップページ | 逝く年、来る年2013 »

アニメその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルートはあってもループはない<今更ながらげんしけん2代目レビュー>:

« ONE PIECE反省会<ドレスローザ編・その3> | トップページ | 逝く年、来る年2013 »