« オリジナル大長編:のび太のからくり城(その5) | トップページ | HIGE TO BOIN<今更ながらげんしけん2代目レビュー> »

今週の神様51号いわゆる一つのターニングポイントの巻

首都高で乗馬レースはいいけれど、なまじコースを決めなかった方がいいのでは。

さて今週のジャンプレビューは

<ONE PIECE>
まんまと国を乗っ取ったドフラミンゴ、ついでヴァイオレットはリク王家のヴィオラ王女だった。反攻の時は近いが、それにルフィを狙うベラミーだが。

<NARUTO>
尾獣を解放してから現世に戻ったカカシ。マダラを任せた後、かつての師弟で最後の対面をする。その中でオビトは何を想っていたのか。

<べるぜバブ>
まあ協力者などお構いなしで工場を撃破した男鹿。いよいよ本拠地へと向かうが。

<銀魂>
今度はシャンブルズターイムですか。確かにこれもパクリといえばパクリなのですが。

ひとまずはこんなところで。

|

« オリジナル大長編:のび太のからくり城(その5) | トップページ | HIGE TO BOIN<今更ながらげんしけん2代目レビュー> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/53925953

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の神様51号いわゆる一つのターニングポイントの巻:

« オリジナル大長編:のび太のからくり城(その5) | トップページ | HIGE TO BOIN<今更ながらげんしけん2代目レビュー> »