« 俺の脚を越えて行け<今更ながらげんしけん2代目レビュー> | トップページ | 2013プロ野球反省会 »

ユースタス・キッド<海賊無双・猛将伝>

さてみなさん、今回の海賊無双・猛将伝は、ルフィ・ローと並ぶ超新星の一人、ユースタス・キッドのストーリーをお送りいたします。金属を自由に操り巨大な武器へと変化させる、その凶猛さを振るう彼の雄姿を出来る限り描ければと思いますが。
ひとまずこんなところで、それでは、ごゆっくり。

・ファーストステージ:シャボンディ諸島
プロローグ:南の海より猛威を振るいつつ、一路新世界へと突き進むユースタス・キッド。
シャボンディ諸島において舟を休めるも、途中立ち寄ったヒューマンオークションにおいて人魚ケイミーを助けるために天竜人チャルロス聖を殴り飛ばしたルフィの争乱に巻き込まれる。
ゲームのあらすじ:ルフィ、ローとともにオークションの私兵を降りきるも、ロズワード聖の招請で現れた海軍にも付け狙われる羽目にもなった。
そんな中でも戦桃丸率いるパシフィスタの一団、同じく招請された大将黄猿の猛攻を何とかかいくぐり、争乱の直因たるルフィへの恨み言とともにひとまずシャボンディを離れざるを得なかった。

(中間ステージまで)
シャボンディを追われたキッドは、ほとぼりが冷めるまで腹いせついでにグランドライン各地を暴れ回ることにした。主なステージ構成として、
ドラム王国:ラバーンをはじめワボル配下の海賊たちとの戦い。敵将はワボル。
アラバスタ:アラバスタ王国兵との戦い。敵将はビビ。
W7:廃船島を中心にガレーラ及びフランキー一家との戦い。敵将はサンバイとパウリー。
とまあこんな具合で。

・中間ステージ:エニエスロビー
プロローグ一通り暴れまわったキッドたち。ついでに司法の島エニエスロビーにも殴り込みをかけんと乗り込んだのだが。
ゲームのあらすじ:キッドたちに立ちはだかったのは、政府の諜報機関CP9の精鋭たち。いずれも強敵だが怯むことなくキッドも攻め続ける。ひとまず押し返したキッドは。白ひげの部下エースの公開処刑が行われようとすることを知らされ、最後の総仕上げとばかりにマリンフォードへと向かう。

・ファイナルステージ:マリンフォード
プロローグ:キッドたちがマリンフォードへとついた時には、海軍と白ひげ海賊団との戦争が始まっていた。己の高揚感の赴くままに、海軍、白ひげ両陣営に乱入し果敢に戦いを挑むのだった。
ゲームのあらすじ:両軍の精鋭たちを次々となぎ倒していくキッドたち。しかし白ひげは黒ひげティーチによって討ち取られる。最大の獲物を取られ、怒り浸透のキッド。さらにそんな二人を討ち取らんと大将赤犬が襲いかかる。ここに三つ巴の死闘が繰り広げられるのだった。
エピローグ:激しい激闘の末、猛攻を退けたキッドは、ひとまずの満足のもと、マリンフォードを離れ、一路新世界を目指す。しかし後にもたらされたルフィとローの報に、ドス黒い狂喜を沸き上がらせたキッドは、さらなる猛威を振るいつつ、己の勢力を固めていく。いずれもたらされるであろう強敵たちとの激闘を待ちながら。

|

« 俺の脚を越えて行け<今更ながらげんしけん2代目レビュー> | トップページ | 2013プロ野球反省会 »

ONE PIECE」カテゴリの記事

無双シリーズ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ユースタス・キッド<海賊無双・猛将伝>:

« 俺の脚を越えて行け<今更ながらげんしけん2代目レビュー> | トップページ | 2013プロ野球反省会 »