« 今週の神様51号いわゆる一つのターニングポイントの巻 | トップページ | 忍者のファンタジー<本当は怖いドラえもん> »

HIGE TO BOIN<今更ながらげんしけん2代目レビュー>

・駅に降り立った外人の女性、それを迎えたのは大野。やはり旧友ということか。
・変わって部員を引き連れてコミフェスの執筆で修羅場状態。それでもみんなは乗り気だけれども。
・そんな時波戸の顔に異変が、ここは手入れをしなかったのか。
・そこで矢島がこの期に及んでまだこだわっているのか。しかしスーがマスクを差し出す。これは助け舟か。
・いつの間にか大野が置いていったコスプレ衣装で着替えと相成ったが、ある意味大野の人の見る目は確かかもしれない。
・みんなでコスプレして仕事再開。まあ太っているのと発汗量は微妙に関連しているからなあ。
・ついに意を決して波戸が素顔で登場。まあデフォルメだからかヒゲなんて分かんないけれど。
・矢島の嫉妬と欲情で結局元通り。やはりコスプレも似合ってるか。
・ここまでくればスーも付き合うか、だけどやはり暑いのか。
・シメは漫研の薮崎の乱入でまとめ、コミフェスにこぎつけられたか。
・当日の波戸はムスメバージョンでも一応これで普通か。
・大野とアンジェラも参加してるけれど、アンジェラは結構大胆だな。
・あと荻上は力尽きて欠席か。プロの漫画家も体調管理は必要不可欠なのだが。
・まあネットの評判なんて当てにならないものだから。確かに薮崎もいい面の皮かな。
・ここで波戸もコスプレで参戦。でも心の中はちょっと内気な少年だな。
・やはり精強な海上か。実際はこんなものじゃないけれど。それでもお客のマナーあっての運営ということか。やはり今のアニメだからここまでの動きだからなあ。
・薮崎のところも一応盛況。一方大野はコスプレで大活躍。
・波戸、ついに試練の時が。トイレの最後尾はともかく次の人たちの目線も来るほど気まずくなるはずだけれどなあ。
・荻上の旧友も来訪し、何やら怪しい雰囲気になりそうだがそこは薮崎が流したか。そこに荻神も登場するもスーに帰宅させる。
・ひとまずその日は終了し、気とにつく一同。アンジェラの会話で斑目の話題と気付くも、英語なだけに詳しくは理解できないのか。
・結局寝込んだ荻上に、後で訪れた笹原に託してみんな退出する。後日笹原に安静を言いつけられる。まあ責任感だけじゃあ仕事はできないからねえ。

|

« 今週の神様51号いわゆる一つのターニングポイントの巻 | トップページ | 忍者のファンタジー<本当は怖いドラえもん> »

アニメその他」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: HIGE TO BOIN<今更ながらげんしけん2代目レビュー>:

« 今週の神様51号いわゆる一つのターニングポイントの巻 | トップページ | 忍者のファンタジー<本当は怖いドラえもん> »