« HIGE TO BOIN<今更ながらげんしけん2代目レビュー> | トップページ | タイタニア烈風編ちょっと反省会 »

忍者のファンタジー<本当は怖いドラえもん>

元来忍者とは先の記事にも述べたとおり、間謀及び各種工作、あといわゆる隠密活動を生業としており、いわゆる忍者の業は各種体術にはじまり、隠密活動の一環として自然物に隠遁する術であった。それが後に述べる事情からある意味魔術や超能力まがいの術、いわゆる妖術に変化していしまった。
それについてはこれまた先に述べたとおり時代劇の一環として山田風太郎先生のいわゆる伝奇ものの作品や、横山光輝先生の『仮面の忍者赤影』やら『伊賀の影丸』など、果ては白土三平先生のいわゆる『カムイ外伝』等の忍法ものの作品の影響があったことと編者なりに思っているのだけど。最近ではジャンプにての『NARUTO』でその醍醐味を味わえるということも明記したい。
さておきお話をドラえもんに戻して、こういったいわゆるファンタジー系の忍術というものは、一旦迷信だというレッテルを張られたモノを、そのレッテルを外してから「未来の世界での子供のお遊び」といった形で表現しているものだろう。
しかしながらF先生にとって、まず当時の子供のレベルなら今回の形がその忍者のイメージだと述べながら、まずは本来の忍者は、多少尾びれはついたものの前回のような懸命な修行を積み重ねた結果によるものだと、ひとまずは言い聞かせたものだろう。
そんなわけで今回は少しあっさりとした記事ながら、前回途中だった後半のお話を述べてシメとしたい。
『ニンニン修行セット(後半)』
ドラえもんに出してもらった一連の修行セットだが、結局どの修行もうまくいかず、ドラえもんと口げんかになったところ、パパの仲裁からも忍者について聞かされ、先に出し間違えた忍者ごっこの巻きものを出して、いろいろ遊んでいこうとしたが、まずガマガエルに化けてしずかちゃんに逃げられるは、姿を消してジャイアンに仕返しをしようとして、時間切れで逆襲されるはと散々な目にあったそうな。
まあ結局はいつも通り要領がワルかったのだろうということで。

|

« HIGE TO BOIN<今更ながらげんしけん2代目レビュー> | トップページ | タイタニア烈風編ちょっと反省会 »

ドラえもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/53344362

この記事へのトラックバック一覧です: 忍者のファンタジー<本当は怖いドラえもん>:

« HIGE TO BOIN<今更ながらげんしけん2代目レビュー> | トップページ | タイタニア烈風編ちょっと反省会 »