« KOFヒドゥンストーリー:ギース=ハワード編01 | トップページ | 増刊神様10月9・10日号 »

新生ロボコップ、ですか

さてみなさん、これもひと月くらい前にネットで入手した情報なのですが、なんと来年2月にかのSFバイオレンスアクション映画『ロボコップ』が四半世紀の時を超えてリメイク化するというではないですか。
ロボコップといえば、犯罪都市デトロイドにて、もとは優秀な警官だったが、ギャング団の銃撃で命を落とし街を牛耳るオムニ社にサイボーグ警官として改造され、再び犯罪捜査との裏面の陰謀に立ち向かうというのが主なストーリーなのですが。
確かに当時のSFX技術はそんなにおおがかりでもなく今でこそ古典的な技法を使用しているともいえる。例えば巨大ロボット等に関しては当時まだCG技術がまだ未発達ということで、いわゆるパペットアニメーション使用ということでちょっとぎこちない動きは、ある意味なんとも言えない魅力も感じるものなのですが。
加えて海外版のカートゥーンアニメも放映され、これはいわゆるバイオレンス性を抑えてアクション性はもちろんのこと、ヒーロー性を前面に出した作りとなっている。
さておき肝心の新生版のストーリーは、前作とはさほど変わりはないようだが、主人公は前よりはいわゆるロボット化はしていないようだ。その分自らの存在意義と人としての尊厳をかけて立ち向かう様が描かれているのだろうか。
あと気になるのはやはり大型ロボットをはじめとするメカニックに関してだが、昨今のCG技術を鑑み、どのような動きを見せてくれるのかといった淡い期待を持ちたいのだが。
ひとまずはこの新生ロボコップもある程度は一見の価値を持ちたいと思う。

|

« KOFヒドゥンストーリー:ギース=ハワード編01 | トップページ | 増刊神様10月9・10日号 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新生ロボコップ、ですか:

« KOFヒドゥンストーリー:ギース=ハワード編01 | トップページ | 増刊神様10月9・10日号 »