« 未定<らき☆すたのおもいで> | トップページ | セインティア翔、ですか »

KOFヒドゥンストーリー:スポーツチーム編01

さてみなさん、今回のKOFヒドゥンストーリーもいよいよ大詰め。隠されたヒーローたち、アメリカンスポーツチームをお送りいたします。
その不遇さはともかくとして、実力はやはりある方なのだから、今後のシリーズをはじめ、さまざまな要素が許す限り、再登場を願わずにはいられないと一応は言っておきます。
ひとまずこんなところで、それでは、ごゆっくり。

オープニング
アメリカが誇るプロスポーツ格闘家として名をはせた彼らだったが、不遇の日々を送り悶々としていた時、ある人物からの依頼を受ける。
「この大会に参加し、裏面の実態を報告されたし」と。
何故か彼らはその依頼を快諾し、意気揚々と大会に乗り込むのだが。

ゼロ戦
「優勝者チームが予定通りエアシップに搭乗しました」
ヘビィD!「さて、本番の開始か」
ラッキー「しかしいいのか、旦那に報告しなくてもよ」
ブライアン「まあ、この状況なら気付くだろうよ」
離陸する飛行船。やがてバルーン部分から1機の飛行艇が飛び立っていく。
ヘビィD!「さて、どこまで飛んでいくのやら」
部屋の一部から数人の人影が現れる。
「待っていたぞ、大会の優勝者たちよ」
ラッキー「あんたがネスツの首領さんかい」
ゼロ「いや、わたしはその首領の片腕、ネスツ作戦指揮ユニット・ゼロだ」
ブライアン「そういや、先の騒乱で倒された奴ってのは・・・・・」
ゼロ「あれは俺の戦闘能力をコピーした影武者だ。先の大会では確かに自由にやらせすぎたが、おかげで不穏分子をいぶり出すことが出来た」
ヘビィD!「確かにあんたらを調べろと依頼を受けた。その始末を兼ねてってことかい」
ゼロ「いや、それよりお前たちが彼に会うにふさわしいか、その存在価値を測らせてもらおう。さあ、存分にかかってくるがいい」

イグニス戦
・仕合前
飛行艇は上空の基地らしき施設へと着艦する。が、その直後、機体が爆発する。
ゼロ「流石だな、今まで埋もれていたとはいえ、これがお前たちの存在価値か、しかと確かめさせてもらった」
ラッキー「おいおい、ちょっと暴れすぎたんじゃないのか」
ゼロ「少し暴れすぎたか、さあ、行くがいい、ここで朽ちれば俺の存在価値はここまでのこと。だがお前たちは彼に会う運命だ。行って乗り越えていくのだな」
ゼロ、プレイヤーを先に急がせ、隔壁を閉める。プレイヤーは基地の回廊をひた走る。やがて大広間にたどり着き。壁の一部がせりあがり、そこには一人の男が立っていた。
イグニス「ようこそ、選ばれしモルモットよ。我が名はネスツ総指揮ユニット、イグニス」
ヘビィD!「ようやく遊び相手のお出ましってところだな、あんたにとっちゃあな」
イグニス「有り体にいえばな、事の次第はすべて拝見させてもらったよ。我がネスツが誇る戦闘ユニットK’、いやさオリジナルのクリザリッドというべきか。それにアンチK’のクーラ。すべてはわたしの手駒として働いてもらったのだよ」
ブライアン「まったくいけずかねえ物言いだな」
ラッキー「そうそうてめえの思惑通りに乗せられてたまるかってんだ」
イグニス「もはやネスツなど無用、君たちを倒し、わたしが新世界の神として君臨するのだ。さあ、今こそ真のセレモニーだ」
・仕合後
イグニス「わ、わたしが敗れたというのか・・・・・」
ヘビィD!「甘いな、動きが派手な分中身がまるでスカスカだぜ」
イグニス「何故だ、何故だ、世界が新たなる神を望まぬというのか。世界が神を望まぬとなれば、その世界を破壊し、今度こそその神となってくれよう」
ブライアン「おい、何する気だ」
イグニス、基地内のゼロキャノンのスイッチを押すも、力の逆流に呑み込まれ消滅する。
ラッキー「最後の最後までいけずかねえ奴だったな」
「こっちだ、急げ・・・・・!」
基地は崩壊し、落着した海中深く沈んでいく。そしていち早く脱出したプレイヤーは近くの岸壁にたたずんでいた。
ヘビィD!「終わったな」
ラッキー「だといいんだがな」
ブライアン「まあいいさ、ひとまず帰ろうぜ」

エンディング
大会からしばらく経ち、三人はデンバーの山中にいた。
ヘビィD!「さて悪い奴らはやっつけたことだし、かといってまだまだ強い奴らも出てくることだろうし」
ラッキー「俺たちも真に格闘家の誇りに目覚めなきゃいけねえ。そのための特訓と洒落込むか」
ブライアン「ん、何だ、この音は?」
ラッキー「なんか上の方から聞こえるぞって・・・・・」
巨大な地響きとともに、巨大な雪崩が三人に襲い掛かる。
三人「なんじゃこりゃあぁぁぁぁ!!
画面暗転のまま、ハイデルンが部下の傭兵から連絡を受ける。
「司令、昨夜デンバーの山中で雪崩が発生し、救出にあたったレスキューによりますと、ヘビィD!、ラッキー、ブライアンの三人が発見され、命に別状はありませんがいまだ意識が戻らず・・・・・」
ハイデルン「・・・そうか、しかし彼らのことだ、むざむざ果てることもないだろう。引き続き動向を調べてくれ」
「はっ」

(スタッフロールへ)

|

« 未定<らき☆すたのおもいで> | トップページ | セインティア翔、ですか »

KOF」カテゴリの記事

コメント

やっぱ咬ませ犬的なとことは変わりませんね。

投稿: ダンシング☆トレイン | 2013年12月 5日 (木) 12時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/52988048

この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリー:スポーツチーム編01:

« 未定<らき☆すたのおもいで> | トップページ | セインティア翔、ですか »