« ギャグには“押し”も必要なのだけれど<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 増刊神様8月28・29日号 »

ハリウッド版忠臣蔵、ですか

さてみなさん、今年末に何とハリウッドにて日本の古典時代劇『忠臣蔵』をベースにした『47RONIN』が公開される運びとなったではありませんか。
大まかな内容はうろ覚えながら、陰謀で命を失った主君の仇を討つためにキアヌ=リーブス扮する謎のサムライとともに悪の領主を討ち果たすといったところでしょうか。
確かに見た目日本の江戸時代(というか昔の日本)にしてはやはり壮大なファンタジー世界だなという感が強い。それでもアメリカ人の日本感ということではそれでもよしと思えばそれほど抵抗はないとは思うけれど。
それでもやはりいわゆる吉良方の面々、謎のスカルメンやら謎のゲイシャくノ一やら謎の鎧武者やらと、一段とアヤしい奴らの勢ぞろいだろう。まあこれもアメリカ人のイメージといったところで。
ひとまずこれも紹介するだけ紹介しようということで、当記事ではこれにてシメといたしましょう。

|

« ギャグには“押し”も必要なのだけれど<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 増刊神様8月28・29日号 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ハリウッド版忠臣蔵、ですか:

« ギャグには“押し”も必要なのだけれど<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 増刊神様8月28・29日号 »