« いきなりは変われない<らき☆すたのおもいで> | トップページ | スマブラ新作、ですか »

リムルル<真サムライスピリッツ2>

さてみなさん、今回の真侍魂2はいよいよシメということで、リムルルをお送りいたします。
そもそも原作ではカムイコタンの村で姉ナコルルのバックで見守るだけでしかなかったけれど、次回作の斬紅郎でプレイヤーデビューを果たし今に至ったということで。それなら真でもプレイさせようとの想いで、ナコルルから独り立ちして一人前の戦士に成長する様をお送りできればと思い形にしたのですが。
ひとまずこんなところでしょうが、それでは、ごゆっくり。

ベースストーリー
カムイコタンの水の巫女で先の闘いで活躍した姉ナコルルを規範に今まで剣術を磨いてきた。自らの未熟な剣術を補うべく氷の精霊コンルとともに闘うスタイルを確立させる。
今回もさらなる凶事に旅立ったナコルルを追いかける形でリムルルも旅立つ。

オープニング
島原の凶事より時は流れ、今まさに嵐の予感があった。
リムルル「さあ、いくよ、コンル」

中間デモ
リムルル「だんだんと黒い力が近付いてくる。急がなきゃ」
黒子「大丈夫、オーケー、自分を信じてゴーです」
リムルル「え、今、何なの・・・・・?」

最終戦デモ
魔の本拠を前に、高台に立つリリムルル。
リムルル「とうとうここまで来たんだ、でも負けられないよ」
2つの聖石が吸い寄せられ、魔の社が現れる。
「ラキキラ無理無理キキッ、ンキキラッ、喰ってやろう!!!!」
リムルル「ここは負けられない、姉さま、あたしに力を貸して・・・・・」

エンディング
ミヅキを倒し、高台に立つリムルル
リムルル「魔の影はやっつけたんだけど、まだ空が晴れない」
突然リムルル、異界へと引き込まれる。
リムルル「何、これ、だんだん力が抜けていく」

同じ頃、林の中
ナコルル「いけない、闇キ影がリムルルを・・・・・」
ナコルル、ママハハに捕まり高台へと飛んでいく。
ナコルル「すべてのよきカムイたちよ、我が命をもって、どうか、リムルルを、護って・・・・・」
ナコルル、光の柱に包まれ、そのまま消えていき、異界に呑みこまれんとしたリムルルを現世に戻していく。
林の中、目覚めるリムルルに刀をもったママハハが近付いてくる。
リムルル「ママハハ、まさか、姉さまがあたしを守るために・・・・・」

嘆くリムルルにナコルルの声が聞こえてくる。
ナコルル『泣かないで、リムルル、今はこうする事しかなかったの、大丈夫、あなたにはたくさんの仲間がいます。そしていつかの刻まで、村を、大自然を護って・・・・・』
リムルル「・・・うん、分かったよ、姉さま・・・・・」

カムイコタンで再び修行に励むリムルル。
リムルル「今までは姉さまがいつも一緒にいた。これからはあたし自身も強くならなきゃいけない。姉さま、あたしは今日も元気だよ。さあ、行こう、コンル」
リムルル、コンルとともに走っていく。

(スタッフロールへ)

|

« いきなりは変われない<らき☆すたのおもいで> | トップページ | スマブラ新作、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: リムルル<真サムライスピリッツ2>:

« いきなりは変われない<らき☆すたのおもいで> | トップページ | スマブラ新作、ですか »