« キャプテン・キッド対KOF系キャラ後編<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様25号:打ってもダメならの巻 »

アーシュランス戦役<ガンダムAGE完全版オリジナルエピソード>

わずかな手勢でヴェイガンの大部隊に立ち向かうアスノ隊。かつてのAGE1をベースに開発された試作型アデルを中心にして構成された部隊なだけに、着実に敵機を撃破していく。
それに奮起したのか、要塞の防衛網もやはり着実に押し返していくが、こちらは流石に守りきれるものではなく、被害を少しずつ出していく。負傷者の手当てにあたる医療チーム。その渦中にあるエミリーはいつしかこの場を取り仕切るようになっていく。
司令室の防御主任も徒労を承知でビッグリングにも連絡を取りつつ、よくよく防御の指揮を取っている。
そうこうしているうちに戦況はこう着状態となり、味方も徐々に追い詰められていく。
前線のアスノ隊も疲弊していく中、フリットはとある策を思いつく。その策とは敵巨大艦に取り付き、航行コンピューターにハッキングを行い、そこから同士討ちを行おうとするものだった。
誰もが無茶な作戦と思いつつも、技術部門出身のパイロットがその作戦実行を申し出る。彼の工作に際し、立案者のフリットがその防衛にあたる。
こうして敵艦のハッキング作戦が敢行された。フリットたちも、それに呼応して要塞の防衛隊も最後の力を振り絞り、敵を再び押し返そうとする。
しかし、艦の1隻から、黒い機体が発進してきた。それに搭乗するヴェイガン兵には不敵で強い意思が込められていた。

|

« キャプテン・キッド対KOF系キャラ後編<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様25号:打ってもダメならの巻 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アーシュランス戦役<ガンダムAGE完全版オリジナルエピソード>:

« キャプテン・キッド対KOF系キャラ後編<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様25号:打ってもダメならの巻 »