« そんな感覚<らき☆すたのおもいで> | トップページ | ガンダムAGEアセム特別編、ですか »

KOFヒドゥンストーリー:秦崇雷編01

さてみなさん、今回のKOFヒドゥンストーリーは、編者の推しキャラたる秦崇雷をお送りいたします。
さしあたり彼も闘いを求め、この大会へと乱入してきたのですが、果たして無限に近い気を操るネスツのつわもの相手にどう圧し返すか。
ひとまずこんなところですので、それでは、ごゆっくり。

オープニング
真龍の拳士として修行と放浪の日々を送った彼も、大会とそれに蠢く陰謀を察知した。元来興味もわかなかったが、かのオロチを退けた草薙らヤマトの者に関連すると聞き、ひとまずは鎮めるのも悪くはないとの思いで大会に介入する。

ゼロ戦
「優勝者チームが予定通りエアシップに搭乗しました」
崇雷「さて、本番の開始というところか」
離陸する飛行船。やがてバルーン部分から1機の飛行艇が飛び立っていく。
崇雷「ようやく座興の開始というところか」
部屋の一部から数人の人影が現れる。
「ふふ、やはり貴様が勝ち残って来たか」
崇雷「そういうお前が本当の相手か」
ゼロ「いかにも、わたしがネスツ作戦指揮ユニット・ゼロだ。やはり草薙の力に引き付けられたか、秦一族の継承者、秦崇雷よ」
崇雷「見知っているとは光栄だな」
ゼロ「草薙の力をもって完成されたゼロドライブの力、お前のその身で試すのも悪くはないからな。さあ、思う存分味わってみるがいい」

イグニス戦
・仕合前
飛行艇は上空の基地らしき施設へと着艦する。が、その直後、機体が爆発する。
ゼロ「流石は大会の優勝者、これがお前たちの存在価値か、しかと確かめさせてもらった」
崇雷「少々暴れすぎたようだな」
ゼロ「確かにな、さあ、行くがいい、ここで朽ちれば俺の存在価値はここまでのこと。だがお前たちは彼に会う運命だ。行って乗り越えていくのだな」
ゼロ、プレイヤーを先に急がせ、隔壁を閉める。プレイヤーは基地の回廊をひた走る。やがて大広間にたどり着き。壁の一部がせりあがり、そこには一人の男が立っていた。
イグニス「ようこそ、選ばれしモルモットよ。我が名はネスツ総指揮ユニット、イグニス」
崇雷「ということは、お前が真の頭目か」
イグニス「有り体にいえばな、事の次第はすべて拝見させてもらったよ。我がネスツが誇る戦闘ユニットK’、いやさオリジナルのクリザリッドというべきか。それにアンチK’のクーラ。すべてはわたしの手駒として働いてもらったのだよ」
崇雷「俺も、すべてを理解しているわけではないが、ここでお前を倒さねばならないな」
イグニス「もはやネスツなど無用、君たちを倒し、わたしが新世界の神として君臨するのだ。さあ、今こそ真のセレモニーだ」
・仕合後
イグニス「わ、わたしが敗れたというのか・・・・・」
崇雷「所詮は気の無駄遣いだ、この程度とは興ざめだな」
イグニス「何故だ、何故だ、世界が新たなる神を望まぬというのか。世界が神を望まぬとなれば、その世界を破壊し、今度こそその神となってくれよう」
イグニス、基地内のゼロキャノンのスイッチを押すも、力の逆流に呑みこまれ消滅する。
崇雷「お前も、力に使われたか・・・・・」
「こっちだ、急げ・・・・・!」
基地は崩壊し、落着した海中深く沈んでいく。そしていち早く脱出したプレイヤーは近くの岸壁にたたずんでいた。

エンディング
荒野にたたずむ崇雷。
崇雷「ひとまずは終わったな、しかし闘い足りないという気もないでもないが。ここは次の機会を待つことにしよう」
そこに1台のヘリが飛んでくる。
チン「おーい、大丈夫でしゅかー」
崇雷「うむ、御大か、いいところに来た」
やがてヘリは崇雷のもとに降り立ってくる。
崇雷「ひとまずは腹ごしらえとしよう、また働かされるのも悪くはない」
チン「しかし聞く話でしゅと、オロチの陰にはまた恐ろしい人たちがいると」
崇雷「それもまだまだ先のこと、ひとまず草薙や神楽らに任せて、俺たちはゆっくり力を付けるとするか」
と、崇雷は座席で横になる。

(スタッフロールへ)

|

« そんな感覚<らき☆すたのおもいで> | トップページ | ガンダムAGEアセム特別編、ですか »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/49007674

この記事へのトラックバック一覧です: KOFヒドゥンストーリー:秦崇雷編01:

« そんな感覚<らき☆すたのおもいで> | トップページ | ガンダムAGEアセム特別編、ですか »