« 溝口対月華、その他系キャラ<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様16号:続、おだいじにの巻 »

トルージンベース<ガンダムAGE完全版オリジナルエピソード>

トルージンベースに着任したフリット以下アスノ隊。本来戦術的には重要でないこの地への着任、それに併せて敵味方の情報の流入出にも疑問を持ちつつ、ひとまずは任務に専念しようとした。
そんな折、AGEシステムにより、新たなる機体『レイザー』の換装が完了した。後の調整を任せつつフリットは司令部に足を運ぶ。
司令室にて状況の報告を受けるフリットは、ふと駐留者名簿の中に、エミリーの名前を見出すのだった。
フリットはコウモリ戦役以降のエミリーの動向を思い出す。彼女は自らが軍に入隊したのに合わせ、引退したバルカスと一緒に、コロニー“トルティア”へと移り住んだ。それ以来顔を合わせていない彼女に微かな想いを馳せつつ、他の状況を確認する。
いくつかの事後処理の後、再びMSドックに向かう途中、展望回廊にて偶然エミリーと再会する。エミリーは所属している医療チームの研修のためにこの基地に赴任していたのだ。加えて総合メディカルセンターを有するこの基地への赴任は、先に偶然フリットの赴任を聞いての希望だったのだ。
そういえば、彼女が軍に入ったという噂も聞いていたが、ひとまずこの場での再会を今は楽しむこととなった。
ひとまずの別れ際、次に会うことを約束しつつ、彼女のもとを離れるフリット。その日の最後の予定としてレイザーの起動テストをこなそうとする。宇宙に出てレイザーを駆るフリット。そこにヴェイガンのMSの部隊を確認した。

赴任して以来の胸騒ぎが的中したことに苦い想いを抱きつつも、それらに対するフリット。何とか部隊を退け基地に帰還するが、やはり基地を攻めるには敵の戦力が少ないことから、さらなる激闘を予測せずにはいられなかった。

|

« 溝口対月華、その他系キャラ<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様16号:続、おだいじにの巻 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: トルージンベース<ガンダムAGE完全版オリジナルエピソード>:

« 溝口対月華、その他系キャラ<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様16号:続、おだいじにの巻 »