« キャプテン・キッド対龍虎系キャラ他<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様12号:ロマンへの挑戦の巻 »

アスノ隊 出撃<ガンダムAGE完全版オリジナルエピソード>

基地でのブリーフィングの後、ひと時の休息の中、フリットは久しぶりに親友のディケと再会した。
引退したバルカスを継ぐべくエンジニアとしての修行に余念がない彼は、最近の旧ディーヴァクルーのことを話す。戦功があったにもかかわらず、艦長のグルーデックのこともあり、ディーヴァはビッグリングの工廠の片隅につながれ、クルーはそれぞれ各所に散らばっていたのだ。そんな中ミレースは艦船指揮の修得を目指していて、ウルフとラーガンはパイロットとして各地を転々としているとか。
やがてディケ自身の話になり、その中で自分がフリットよりも機械知識が劣るとこぼすも、エンジニアとしての技量をフリットも信頼をしていて、いつかは自機の整備を引き受けてほしいとフリットはディケを励ます。
その後で基地の女性オペレーターが現れる。実はディケと付き合っている彼女だというのだ。いかにも仲睦まじい二人を快く見るフリットに、彼女は恋人を作るよう勧めてディケにたしなめられる。フリットはそんな二人の心遣いに感じ入り快く応じるのだった。
二人と別れた後で、エイナスから一つの辞令を受け取る。それはトルージンベースへの転属命令だった。訝るフリットにエイナスは、先に国防相となったオルフェノア氏が、彼の実力を見込んだが故に彼の地に派遣すると説明はしたのだが。
出立の日、その日は連邦軍幹部の一人で、かつてはヘンドリック司令の腹心でもあったアルグレアス提督が息子のフレデリックを連れて視察に訪れてきた。その際に提督はフリットに息子を引き会わせる。続いてエイナスの計らいでディケたちも見送りに出た。心配げなディケに必ず還って来ると返すフリット。エイナスもまた近日中に帰還させると約束し、一同の固い握手が交わされた後に、フリットは旅立つのだった。
その派遣先のトルージンベースにては、一人の女性医療スタッフが働いていた。

|

« キャプテン・キッド対龍虎系キャラ他<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様12号:ロマンへの挑戦の巻 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アスノ隊 出撃<ガンダムAGE完全版オリジナルエピソード>:

« キャプテン・キッド対龍虎系キャラ他<バトルコロシアムD.A.S> | トップページ | 今週の神様12号:ロマンへの挑戦の巻 »