« 住人と色の巻(コミックス41巻)他<懐かし両さんの良作レビュー?> | トップページ | エピソード14-2:ウルタス・ブイ(前編)<namco×CAPCOM・SNK> »

エピソード14-1:さまよえる少年たち(後編)<namco×CAPCOM・SNK>

さてみなさん、今回のナムカプケイは、昨年の続きとしてエピソード14の後編をお送りいたします。さてこの章にてナイトメアが登場しますが、ここでの設定はⅡキャリバー2以前の設定ですのであしからずご了承ください。
ひとまずこんなところですので、それでは、ごゆっくり。

今までのあらすじ
幻想界インファリアにたどり着いた楓たち。先を急がんとする彼らは、城内の妖気を察知しまずはそこに対せんとする。
一方インファリアにては謎の男ユンナにそそのかされた王によって、リッドたちが捕われるもアレンデ姫によって脱出の手引きをされる。
それを阻止する兵士、未来界からやってきた者たち、そしてシンフォニアからの使者が救援に訪れたが。

・キャラクター紹介
ロイド=アーヴィング(テイルズ・オブ(以下略)・シンフォニア):幻想界シルヴァランドの剣士志望の少年だったが、今までコレットを守って腕を磨き、今では地域有数の戦士となる。
コレット=ブルーネル(シンフォニア):シンフォニア・シルヴァランドの神子。光の翼と両手の円環を駆使して戦う。
ジーニアス=セイジ(シンフォニア):ハーフエルフの少年で、ケン玉と魔術を駆使して戦う。
リフィル=セイジ(シンフォニア):ジーニアスの姉の考古学者。遺跡を見ると人格が変わるほど興奮するクセを持つ。
ムクロ(ウォーザード):幻想界ジパングの忍者。反逆者のタヌマを追って魍魎界へと向かったはずなのだが。

・NPC紹介
アレンデ王女(エターニア):インファリアの王女で、国の行く末を案じリッドたちに協力する。
ユンナ(ブレス・オブ・ファイアⅣ):ウィンディアと対立する帝国に取り入り、数々の災厄を引き起こしてきた。新たなる野望のためにザサラメールに取り入るが。
タヌマ(ウォーザード):幻想界ジパングの実力者だったが、凶事の後に追放され、今はザサラメールのもとに身を寄せているが。

・シンフォニアチームのコレット、ロイドに、ジーニアス、リフィルに参入。単体のムクロとともにリッドたちに近付く。

・プレイヤーチーム構成(その1)
リッドチーム:リッド、ファラ
キールチーム:キール、メルディ、チャット
ニューマンチーム:シャロン、マコト、ソフィア
ロイドチーム:ロイド、コレット
リフィルチーム:リフィル、ジーニアス
ムクロ(単体)

・外道たちを一定以上撃破後
ムクロ「そこまでだな、タヌマよ」
タヌマ「ふん、俺様の力はこれだけじゃねえぜ。お次はこいつらだ」
・タヌマの合図で数体の恐竜と海生物と器械人形、そして外道たちが出現する。
ムクロ「何、あやつらは」
ムクロ「がーはっはっは、これもユンナの研究の賜物よ、奴らの肉片からここまで量産出来ったってことよ、ちなみにギギの方はザサラメールの技術だがよ。それじゃあおめえら、あとは頼むぜ」
ユンナ「やっ、お待ちなさい」
・タヌマとユンナ、退場する。
ムクロ「ぬう、待ていタヌマ」
ロイド「ユンナ、また逃げられたな」
リッド「とりあえずこいつらを倒さないと」

・直後、楓たちが乱入する。
楓「案外警備が手薄だったな、しかし争乱の真っ最中か」
あかり「でも間に合ったみたいやよ」
リッド「今度は何者なんだ」
楓「待った、俺たちもただならぬ妖気を感じてここまで来たんだ」
あかり「どうやらお兄ちゃんたちがこのバケモノと戦うてるんのね」
嘉神「さてどちらが我らの味方かな、ソフィー殿」
ソフィー「あの少年たちでしょう。彼らの若く清き魂には惹かれるものがあります」
タキ「ならば決まりだな、お主ら、要らぬだろうが我らが助太刀しよう」

・プレイヤーチーム構成(その2)
 
楓チーム:楓、一条あかり、高嶺響
 
嘉神チーム:嘉神慎之助、神崎十三、天野漂
 
鷲塚チーム:鷲塚慶一郎、真田小次郎
 
ソフィーティアチーム:ソフィーティア、タキ、たろすけ
 
ジュニアチーム:ジュニア、ケイオス、ジギー

・タキ、ムクロ初顔合わせ。
ムクロ「ほう、ぬしは・・・・・」
タキ「ふむ、貴様も私と同じ匂いか、しかもかなりの手練れたなお主」
ムクロ「そういうぬしも、忍か・・・・・」
タキ「そんなところだ」
ソフィー「もしや貴方は、英雄王レオ殿の盟友の」
ムクロ「左様」
タキ「ふふ、それも面白いか」

・ジュニア、ニューマンチーム初顔合わせ
ジュニア「おおっ、ニューマンチームか、あんたらまで来るとはな」
シャロン「はい、シオンさんを案じてアレンさんに頼まれました」
ケイオス「なるほど、でもアレン君も以外に交友が広いな」
マコト「持つべきは友達だってね、ちょっと迷惑してるけど、頼まれた以上最後まで力貸さなきゃね」
ジュニア「ああ、よろしく頼むよ」

・敵キャラクター紹介
ハウザー(ウォーザード):幻想界グリーティア地方に住む地竜。
ヌール(ウォーザード):幻想界アイスラーンに住む海生物。
ギギ(ウォーザード):クリフトの遺跡を守る器械人形。

・敵を数体倒した後、突如、漆黒の騎士が現れる。
騎士「ここに、あったか。刃の、欠片が・・・・・」
タキ「“内藤”か、よもや貴様もあの刃に引かれたか」
ソフィー「・・・ジーク、あなたはまだ・・・・・」
あかり「なんかそのヨロイの兄ちゃん、姉ちゃんたちの知り合いは分かるけど、“内藤”とか“じーく”とか、なんかややこしい人そうやなあ」
ソフィー「はい、彼はジークフリードという騎士で、かつては私たちとともに“ソウルエッジ”を求めたのですが」
タキ「実は“そうるえっじ”が当時二振りに分かれていて、そのうちの一振りを破壊できたはよいが・・・・・」
楓「もう一振りをジーク殿が手に入れ、あのような姿に」
タキ「そう、今や“内藤冥夜”なる漆黒の騎士と成り果てたのだ」
嘉神「内藤、“ないとめあ”ということか」
タキ「ともかく、刃もろともあ奴を封じてもよいが」
ソフィー「彼の心は、いまだ迷っているのみで、刃そのものには支配されてはいないのです。ここは何としても救い出さねばなりません」
コレット「それにはまず、彼の刃をくぐり抜けなければいけませんね」

・敵キャラクター紹介(その2)
ナイトメア(ソウルキャリバーシリーズ):ソウルエッジに取り込まれた漆黒の騎士。

・ナイトメア撃破後
ナイトメア「まだ、時ではないか」
ソフィーティア「ジーク、あなたは惑っているだけ。過去の罪から逃げないで、それを乗り越えるのよ」
ナイトメア「もう、引き戻れないんだ・・・・・」
ナイトメア、闇の気とともに消えていく。

・敵全滅
リッド「何とか退けたか、しかし」
王、呆然としたまま動けない。
あかり「なんかこのおっちゃん、まるで元気なくなったなあ」
ムクロ「権力(ちから)にすがらんとしたが故の帰結か、哀れ」
アレンデ「父は、私にお任せ頂けますか。此度のことは私にも責任はございますゆえ。ただ、セレスティアに赴いたロエンをはじめ兵士たちを連れ戻していただけますか」
ソフィー「分かりました、私どもで微力を尽くしましょう」
MAPクリア

To Be Continued

|

« 住人と色の巻(コミックス41巻)他<懐かし両さんの良作レビュー?> | トップページ | エピソード14-2:ウルタス・ブイ(前編)<namco×CAPCOM・SNK> »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エピソード14-1:さまよえる少年たち(後編)<namco×CAPCOM・SNK>:

« 住人と色の巻(コミックス41巻)他<懐かし両さんの良作レビュー?> | トップページ | エピソード14-2:ウルタス・ブイ(前編)<namco×CAPCOM・SNK> »