« イングリッド対ソウルキャリバー系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | ONE PIECE反省会:年末特別編 »

月刊ストロングワーズ新世界編(創作):13年度1月号

さてみなさん、今月のストロングワーズは、いよいよ大詰めのパンクハザードの攻防。そこでのキャラクターたちの熱い名セリフをお送りする運びです。
そういうことですので、それでは、ごゆっくり。

・智慧の言葉
「頂上戦争から二年・・・!!
誰が何を動かした・・・?
お前は平静を守っただけ。
白ひげは時代にケジメをつけただけ。
「海軍本部」は新戦力を整えた!!!
大物達も仕掛けなかった・・・まるで準備するかの様に・・・!!!
あの戦争は「序章」にすぎない。
お前がいつも言ってたな、手に負えねェうねりと共に・・・!!
豪傑どもの“新時代”がやってくる!!!
・・・!!歯車を壊したぞ。もう誰も引き返せねェ!!!(トラファルガー・ロー)」

第690話:SAD
SAD貯蔵タンクをめぐる攻防において、武装色の覇気をまとって迫りくるヴェルゴを貯蔵タンクならびに研究所ごとぶった斬り退ける。
タンクを破壊した上で新時代の到来を告げるロー。ここまでくれば流石にジョーカーことドフラミンゴも平静の笑顔を保ってはいられなくなったか。

・絆の言葉
「オイオイ、おれの目の前で、ウチの船長を侮辱するのか・・・!?
あいつがおれ達を裏切る様な奴だったらいくらか楽だったかもな。
こちとらしっぽ巻いて逃げ出してェのに!!

どこまでもどこまでも、際限なくおれ達の力を信じてやがるから・・・

しまいにはこっちが折れちまったよ!!
だったら命の限り、応えてやらァってなァ!!!(ウソップ)」
第691話:死の国の王
コントロールルームに突入したウソップ。そこを守る兵士たちはシーザーに見捨てられた絶望と同じく、一時戦場を離れたルフィを逃げたと嘲る。
しかしルフィを信じ切っているウソップは己の全信頼を込めこう言い放ち、降伏を迫るのだった。

・悪意の言葉
・覚悟の言葉
「いまその起爆スイッチの前にいる・・・爆発はタンカーまでに及ぶわ。一隻無駄になるけどいい?(モネ)」
「悪いな、全てを道連れに・・・死んでくれ・・・・・!!!(ドンキホーテ・ドフラミンゴ)」
モネ「了解“若様”(モネ)」
693話:死んでくれ
シーザーの計画が頓挫したのを受け、刺客としてベビー5らを派遣したドフラミンゴ。
一方で研究所の自爆装置にたどり着いたモネにも連絡をとり、すべてを承知の上で自爆を命じ、モネもまたすべて承知でそれを受ける。
これはドフラミンゴの悪意も野心もすべて許容しての忠誠心が為せる言葉なのだろうか。

|

« イングリッド対ソウルキャリバー系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | ONE PIECE反省会:年末特別編 »

ONE PIECE」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 月刊ストロングワーズ新世界編(創作):13年度1月号:

« イングリッド対ソウルキャリバー系キャラ<CAPCOM VS SNK・namco> | トップページ | ONE PIECE反省会:年末特別編 »