« レラ<真サムライスピリッツ2> | トップページ | 今週の神様06・07号:終わりが始まるってばよの巻 »

新たなる時、新たなる戦い<ガンダムAGE完全版オリジナルエピソード>

<はじめに>
さてみなさん、今回お送りいたしますのは、先のガンダムAGE反省会において編者が予想した(あるいは期待した)ガンダムAGE完全版のオリジナルエピソードを、フリット編から数年後、いわゆる青年フリット編のエピソードを若干の話数に分けてあらすじを組みました。
まずはフリットが新たなる戦いに臨むエピソードをお送りいたします。それでは、ごゆっくり。

フリットは夢を見ていた。幼い頃に出会った一人の少女。何かを告げようとして何も聞こえないその声に応えようとしてフリットは目覚めるのだった。

コウモリ戦役から8年、かの戦いでガンダムを駆り多大なる戦果をあげたフリット=アスノは、連邦軍に正式に入隊。いまだ地球圏の脅威となっているかつてのUE:ヴェイガンに対し着々と戦果をあげていた。
しかしここ連日の戦いで流石に疲労の色をあらわにし、昨晩の夢から覚めた翌朝、所属基地の上司で友人のエイナス中佐に休養を勧められ、コロニー・ミンスリーで英気を養うことにした。
ミンスリーはコウモリ戦役終了後、領主バーミングスが謎の自殺を遂げ、先に連邦に帰属したファーデーンの支配者ラクト=エルファメルの管理のもと連邦に帰属し、今でも観光用コロニーとしてにぎわっていた。
かつて幼きひとときを過ごしたこのコロニーにて、先に心に浮かんだ少女の後姿を思い出そうとしたその時、マッドーナ工房のララパーリと偶然出会う。彼女は傍らにしがみついているムクレドとの子供、ロディを連れていたのだ。
その夜、彼女のすすめで、この地を訪れているラクトが滞在するホテルに連れられる。
8年ぶりに再会を喜び合う二人。同じくラクトの盟友だったドン・ボヤージの娘で、今やラクトの婚約者たる彼女にも顔を合わせる。彼女はロディを別室の娯楽施設に誘い部屋を後にする。
こうしてフリットは夕食をララ、ラクトとともにし、その夕食の場で、ラクトはファーデーンをはじめ関わりあった人々の近況を語る。その話にかつての思い出にはせるフリットだった。
軍施設の宿舎に戻るフリットを見送りつつ、ラクトはこのミンスリーにて入手した真実の情報を今はまだフリットに語るべきではないとただつぶやくのみであった。

休暇から明けてMS隊に復帰したフリット。
哨戒中に突如現れた謎の機体群、これぞ再び侵攻を開始したヴェイガンの先遣隊だったのだ。
攻撃をはじめる敵機にフリットは果敢に応戦。敵を退けた後、一瞬一人の少女の笑顔を思い出しかけたかと思えば、自らに課した使命に入れ替わりで思い起こす。
フリットとガンダムの戦いが再び始まるのだ。

|

« レラ<真サムライスピリッツ2> | トップページ | 今週の神様06・07号:終わりが始まるってばよの巻 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 新たなる時、新たなる戦い<ガンダムAGE完全版オリジナルエピソード>:

« レラ<真サムライスピリッツ2> | トップページ | 今週の神様06・07号:終わりが始まるってばよの巻 »