« タンフールー<餓狼伝説EXCELLENT> | トップページ | 今週の神様13年02号:漢の旅立ちの巻 »

今更ながら戦隊レビュー:高速戦隊ターボレンジャー(89)

今回取り上げるターボレンジャーは5人の高校生が、スポーツカー型のマシンを駆って暴魔百族に立ち向かうというお話で。
その敵組織、暴魔百族はかつて聖獣と妖精に封印されたが各地の封印が解けて復活。最後の封印を守るため、科学者の先生を通じてターボレンジャーにその任を託したのだ。
ところがその暴魔百族、中期にて途中参入のヤミマルを除いて幹部全員が全滅するという体たらくに陥った。
ともかく後期はそのヤミマルを筆頭に戦っていたのだが、最後首領が復活し、加えてヤミマル自身人間としての心を取り戻し、ともに首領を倒し、暴魔たちは永久に封印されたといったことで。
これも見ようによっては前々回のマスクマンとおんなじなのかなあ、とも思うけれども。

|

« タンフールー<餓狼伝説EXCELLENT> | トップページ | 今週の神様13年02号:漢の旅立ちの巻 »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら戦隊レビュー:高速戦隊ターボレンジャー(89):

« タンフールー<餓狼伝説EXCELLENT> | トップページ | 今週の神様13年02号:漢の旅立ちの巻 »