« KOFヒドゥンストーリー:山崎竜二編01 | トップページ | 増刊神様11月7・8日号 »

懐かしのアニメリメイク、ですか

さてみなさん、今回の話題記事において、恐らくお父さんお母さんには懐かしいタイトル『アルプスの少女ハイジ』『みつばちマーヤ』『小さなバイキングビッケ』が40年近くの歳月を経て、ドイツのアニメーションスタジオ“STUDIO100”にて3DCGアニメとしてリメイクされたではありませんか。
そもそもいずれもヨーロッパからの原作なので、これらのアニメを新しく作りたいというのはうかがえるものなのですが。何より日本のファンとしてうれしいことは、日本製作のアニメ原作と遜色ない作画となっていることですね。まあこれについてはズイヨーさんや日本アニメーションさんのお力添えもあったことでしょうが、ここでも日本アニメ、いわゆるジャパニメーションが認められたといってもいいでしょう。とはいえ、少しハイジの頭身が少し高いのは気になることですが、まあこれはこれでいいとは思いますよ。
ともかく、これらが日本でも配信されてくれればとも思いますので、気を長くして待つことにいたしましょう。

|

« KOFヒドゥンストーリー:山崎竜二編01 | トップページ | 増刊神様11月7・8日号 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 懐かしのアニメリメイク、ですか:

« KOFヒドゥンストーリー:山崎竜二編01 | トップページ | 増刊神様11月7・8日号 »