« やけの大食いの巻(コミックス142巻)<懐かし両さんの良作レビュー?> | トップページ | ギャバン映画化、ですか »

呂布奉先<ジャンプVSカプコン>

さてみなさん、今回のジャンカプは本宮センセイの名作『天地を喰らう』の強敵で、中ボスの一人である呂布をお送りいたします。
そもカプコンにて何度もゲーム化されている天地もやはりジャンカプの先陣を切るにはふさわしいものがあります。
そんなわけで、それでは、ごゆっくり。

名前:呂布奉先

出展作品:天地を喰らう
三国時代、西方の血を引いた豪傑で、董卓の配下として彼の暴虐に加担し、さらには彼を裏切って殺し、自らが覇を唱えるも、曹操、劉備連合軍によって討ち取られる。
しかし彼も暗黒の力により蘇り、特に倭國(日本)の英傑(ヒーロー)を討ち取らんと決起する。

・投げ技
叩きつけ(相手の近くで前後+中、大パンチ):相手をつかみ、そのまま地面にたたきつける。
ぶん投げ(相手の近くで前後+中、大キック):相手を戟で突き、後方にぶん投げる。

・必殺技
方天戟(236+パンチ):戟を鞭状にして振り回す。
天吼龍(623+パンチ):前方に戟を回転させながら攻撃する。
地吼龍(236+キック):地面を転がりながら突進する。
貂蝉(214+キック):貂蝉を呼び出し、舞いを繰り出させる。
大立ち回り(相手の近くで63214+パンチ):相手を倒してから、何度も戟でたたきつけてから蹴飛ばす。

・スーパーコンボ
真・方天戟(236+パンチ2つ):踏み込みながら戟を振り回して攻撃する。
一斉正射(236+キック2つ):女性兵士を呼び出し一斉に無数の投げ刀を繰り出させる。

・ハイパーコンボ
赤兎馬(236+パンチ全部):一度後方に退ってから、燃えるような紅い馬に乗って突き進む。

勝利メッセージ集(抜粋)
リュウ:お前も真の闘士だな、しかし倭國が天下を握るは気に入らんのでな。
春麗:なんというたおやかな武だ、まさしく貂蝉にも匹敵する美しさだ。
ガイル:確かに刃の如き蹴りだな、兵法の初歩のみで闘おうなど俺も見くびられたな。
ザンギエフ:倭國だろうが、北方の蛮族だろうが、俺をさしおいて天下は握らせぬぞ。
ダルシム:刃向かうものは容赦はせぬが、導師を斬るほど落ちぶれてはおらぬのでな。
さくら:未だ色香の知らぬ小娘のまま、散らせるには惜しい故、この場は去るがいい。
キャミィ:物怖じせぬだけでも気に入ったわ、ぜひとも我が親衛に取り立てよう。
ダン:貴様ごときの胆力は気に入った、酒の肴ならば付き合ってもいいぞ。
ローズ:どうだ、俺の運気は、いかにお前が測ろうともすべて踏み越えてみせるわ。
デミトリ:貴様ごときで魔を制せんとするか、なれば魔界とやらも俺の手に落ちるな。
モリガン:とろけるような女の味だったわ、しかし俺を落とすはた易からぬぞ。
フェリシア:猫と思うたがこのしなやかさはお前も獣、まこと戦場に轟くわ。
バレッタ:これほどの狡知はかなりの手だれだな、いずれ我が手足にしてやろう。
レオ:これぞ覇王の風格か、それと仕合うことこそわが本懐、そして天下への道標よ。
コマンドー:どこまでも軽い男よ、これで英傑を名乗るはやはり甘いぞ。
デビロット:童の戯れと思うたがなかなかのもの、ここは預けることにしよう、さらば。
トロン:やはり玩具の兵ではとどまらぬ、その兵法、打ち破ってやろう。
飛竜:多少の切り傷といえど命も奪えるか、貴様との戦いもやはり面白い。
アマテラス:大神との仕合えたはやはり吉兆、制するごとに俺の武も極まるわ。
ダンテ:やはり味わえたぞ貴様の武と魔の片鱗、いずれ魔の者との戦と楽しめるか。
イングリット:やはりこの風格は、戦女神を制すれば俺の武は三国にまで轟くわ。

悟空:噂をはるかに超えた気迫だったぞ、いずれ貴様も伝説になろうな。
ルフィ:これが覇気の力か、それよりこの柔の体術は気に入ったぞ。
ナルト:法術を使う忍とはな、恐るべきはやはり倭國武人ということか。
銀時:これぞまさしく最強の倭國侍か、だが俺の最強にかけて貴様に負けられぬわ。
剣心:不殺(ころさず)だと、討ち取る信念なき貴様に、俺が負ける道理はない。
一護:今一度俺を送ろうだと、刃のみに頼らんとする未熟者に何ができるか。
トリコ:貴様も天地を喰らえるか、しかし欲望が足りぬが惜しいものだな。
男鹿:子守も妖術もまさに小癪、もっと貴様の腕力を楽しみたいものだ。
ポッスン:何やらの助っ人かは知らぬが、挑んだ相手をもっと知るがいい。
星矢:気力と胆力ではままならぬことがある、それでも来るならばいつでも相手をしよう。
翼:これぞ人器一体か小僧、その球を破らねばやはり貴様は討ち取れぬな。
ウイングマン:翼をもって英傑などとは、撃ち落とすだけではやはりつまらぬわ。
寿乱子:女だてらに肉と力を付けるか、もっと体を引き締めぬか。
承太郎:霊と時を操るとは聞いたが、その程度とはやはりくすぐったいわ。
桃太郎:何ということだ、貴様よりも強大な侠がいるというのか、信じられぬ。
キン肉マン:これが超人の体術とやらか、どこぞの猪武者にも匹敵するようだな。
一堂零:なかなかの飄々さだな、下手な軍師など及ばぬ戦術だ。
幽助:まるで死を見てきた胆力だな、その冷気とやらで俺を今一度驚かしてみよ。
大尊:いいぞその度胸は、やはりただのじゃれあいでは終わらなかったか。
ひろし:やはりただの蛙ではなかったか、まさに大海にも及ぶ根性だ。
ララ:女に色恋など必要ないわ、ただ強者に媚びるのみでよいわ。
金色の闇:大仰なる名とは思うたが、なるほど人形にしておくにはおしい武よ。
両津:その無頼も反骨も、まさに貴様こそ真の武人であったか。

|

« やけの大食いの巻(コミックス142巻)<懐かし両さんの良作レビュー?> | トップページ | ギャバン映画化、ですか »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/47108527

この記事へのトラックバック一覧です: 呂布奉先<ジャンプVSカプコン>:

« やけの大食いの巻(コミックス142巻)<懐かし両さんの良作レビュー?> | トップページ | ギャバン映画化、ですか »