« 今週の神様38号:アツく生きるものはクールに眠れの巻 | トップページ | エピソード10:月に咲く華、散りゆく花(前編)<namco×CAPCOM・SNK> »

第44話:分かれゆく道<ガンダムAGEレビュー>

突如地球圏に来襲したセカンドムーン。イゼルカントはある決心を固め、一方のゼハートも先の戦いにおいてアセムの言葉が心に引っかかっていた。
 
一方でルナベースを奪還した連邦軍は、ヴェイガンの兵器製造源とともに、EXA-DBの手掛かりを探ろうとし、ひとまずナトーラもその情報収集に追われていたのだが。
 
さておきゼハートはイゼルカントと対面し、これまでの作戦からの分析とからプロジェクトエデンの真意を問いただそうとする。それに対し、イゼルカントはすべてを語り、プロジェクトの全権を委ねようとする。
 
確かにゼハートも人類選別という点ではじめ疑念を持ったか、イゼルカントの人の歴史に対する悲しみに根差したものであるということ、何より自分が余命いくばくもないことも合わせ、次第に彼の言葉、何より本心の告白に乗せられていく。そしてひとまずはゼハートも承諾を取り付けるが。
 
その一方、件の調整槽ではゼラ・ギンスと名付けられたあの男が目覚めつつある。

戻って連邦軍ではヴェイガンの宇宙基地ラ・グラミスの攻略に取り掛かり、その式にフリットが引き受けることになる。終盤近くでもう1ステップとは、ちょっと呑気すぎやしないか。
 
さてその前後アルグレアスの捕虜の扱いに、フリットは全員処刑を求めるが、アルグレアスは当然却下する。
 
その会話から、参戦を申し出たアセムとキオが抗議し、ついには口論となりひとまず物別れに終わる。
 
ともあれフリットも今までの戦いからあまりに多くの者を失ったことから、やはり自分をも失ったのか。まして少年のころからの情念ゆえといえばやはり哀しすぎるではないか。さらに言ってしまえばこれで最後の戦いに立ち向かえるのか。やはりこれも駆け足ゆえの哀しさなのかな。

ラ・グラミスへの途上、DBの情報とそれを守護する謎の機体の噂を聞き、イゼルカントより預けられたガンダムレギルスの起動試験を兼ねて噂の調査を行う。そこにはやはりあの件の機体が現れ、レギルスに襲いかかる。対してゼハートもそれに応戦しようとするが。
 
ともあれ対峙することになったレギルスのゼハート、イゼルカントの言葉にやはり踊らされているとも見られるし、それで件の機体に挑もうとはある意味無謀ではないのか。と言いつつもその激闘を次回のお楽しみということで。
 
そういや、ラ・グラミスの司令官、結構派手だな。

|

« 今週の神様38号:アツく生きるものはクールに眠れの巻 | トップページ | エピソード10:月に咲く華、散りゆく花(前編)<namco×CAPCOM・SNK> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第44話:分かれゆく道<ガンダムAGEレビュー>:

« 今週の神様38号:アツく生きるものはクールに眠れの巻 | トップページ | エピソード10:月に咲く華、散りゆく花(前編)<namco×CAPCOM・SNK> »