« 第39話:新世界の扉<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | アリエータ<ジャンプVSカプコン・カプコン枠> »

デビロット<ジャンプVSカプコン・カプコン枠>

さてみなさん、先月HPで新規掲載したデビロット&アリエータを今回のジャンカプのシナリオにて登場させる運びとなりました。
まずデビロットに関しては先のマーヴルVSカプコンにてストライカーとして登場しましたが今回はプレイヤーを想定しての登場です。
まずはデビロットの分を本日の掲載といたします。それでは、ごゆっくり。

名前:デビロット・ド・デスサタンⅨ世
出展作品:サイバーボッツ(おもに通常技を担当)
宇宙に名だたる宙賊国家ヘルドラドの王女デビロット。彼女自身も宙賊として地球圏を荒らしまわっていた、というよりほとんどがたちの悪いイタズラなのだが。
そんな彼女も今回の闘いに際し、先に知り合ったアリエータを無理やり仲間に引き連れ、ひっかき回そうと画策するのだが。
悟空:そなたもようなタマもありきたりじゃが、改めて闘って気に入ったぞ。
ルフィ:まさに伸びる奴じゃのう、悪魔の能力というのもまさに気に入ったわ。
ナルト:そなたも忍者とやらか、確かに技芸としては一級品じゃったわ。
銀時:カブきっぷりは認めるが、そなたもやはり正義の士とは気に入らぬわ。
剣心:所詮はぶっ叩くのみか、ただのチャンバラではつまらぬわ。
一護:最近の死神はこうもカブくのか、しかしそのでかい刀はグーじゃ。
トリコ:喰うたびに強くなるなら誰でもやっておるわ、ただ太るだけではないか。
男鹿:そも赤ん坊を使って闘うが気に食わぬ、そなたも己の力で闘わぬか。
ボッスン:一見隠し芸っぽいがそなたも力あるものじゃ、ひとつ覚えておこうかのう。
星矢:これが正なる力の根源か、我らに仇なしながらやはりひかれるのう。
翼:何ならそなたも我が国の宇宙サッカーにスカウトしてやろうぞ。
承太郎:スタンドがなんぼのものじゃ、我らのチームワークにはやはり及ばぬわ。
桃太郎:そなたもカミカゼ精神か、そうそう飛びかかられては迷惑じゃ。
キン肉マン:投げのみと侮れなんだ、しかし超人格闘技、大したことないわ。
一堂零:何じゃこの威圧感は、これは笑いよりも威厳を感じたぞ。
ひろし:これがド根性の力か、いつかわらわもその力身に付けてくれよう。
幽助:これほどの霊の力か、爺の研究に今から付き合ってもらうぞ。
大尊:腕っぷしもバカにはできんのう、ただ殴られるくらいは望むところじゃ。
ララ:わらわも恋の一つぐらいはできるわ、色気があるとてなめるでない。
両津:これほどの運気と生命力か、次こそは引き入れてみせようぞ。
ピッコロ:今更宇宙人というのも間に合っておるわ、しかし研究のためとっといてみるか。
ベジータ:いくら力があるからとてわらわ以上に高慢チキなのはやはり気に入らぬわ。
サスケ:これでニヒルのつもりかのう、やはり中身がないのはミエミエじゃ。
金色の闇:結構武器は充実しておるのう、しかしそれだけで闘い抜けるとも限らぬぞ。
DIO:いい土産ができたのう、そなたの時間制御、存分に研究させてもらうぞ。
呂布:豪傑など我が国にゴロゴロいるわ、たかだか筋肉風情に送ればとらぬ。
ハーデス:わらわも日光浴くらい楽しめるわ、そんな闇くらいでたじろかぬわ。
悪魔将軍:生体金属とはいいアイデアじゃ、新しいオモチャがまた増えたわ。
フリーザ:強さだけで宇宙を支配できるとは大間違いじゃ、やはり威厳がなければのう。
セル:ハイブリッド生物兵器などわが国ではとっくの昔にクリアしたものじゃ。
ジョセフ:むうう、これほどのナイスミドル、しかし妄りに若造りは感心せんのう。
綱手:いかに強かろうが年増は年増、しかしわらわの未熟も認めねばな。
江田島:確かに強力は買うがの、しかし尊大さに関しては父上の足元に及ばぬわ。

|

« 第39話:新世界の扉<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | アリエータ<ジャンプVSカプコン・カプコン枠> »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/45395085

この記事へのトラックバック一覧です: デビロット<ジャンプVSカプコン・カプコン枠>:

« 第39話:新世界の扉<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | アリエータ<ジャンプVSカプコン・カプコン枠> »