« 増刊神様7月4・5日号 | トップページ | PHASE24~26<ガンダムSEED DESTINY REVENGE> »

おノボり両さんの自画自賛

さてみなさん、今回もこち亀BEST7月号の腐れ縁レビューをお送りいたします。
今回は結構良作が勢ぞろいだと今更ながら思ったりもして、あの当時は結構自虐話ばかりで辟易していただけに、同じくいまいちかなと思うお話も読み返してみればやはり面白いかなあとも思いますが。さておき軽く各話を紹介するとして。
『坊さんバンド』はいささか強引ながら結構なスラップスティックとなったなということで。
『工場に惹かれて』は最後のズッコケがあったけれど工場見学ブームに一躍買ったかなと。
『擬宝珠家のタイ旅行』ではやはり最初のズッコケもあったけれど、こちらは悪影響を及ぼさなくてしっくりいけたかなと。
そして『将棋刑事』はアツイ思いで描いたものの内容はセコかったもので、編者としても多少アレンジをさせていただきました
まあそんなこんなで、最後は将棋刑事の巻で付け加えた両津のセリフでシメることにいたしましょう。

「事件は将棋盤じゃなく現場で解決するもんだ!!」

| |

« 増刊神様7月4・5日号 | トップページ | PHASE24~26<ガンダムSEED DESTINY REVENGE> »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: おノボり両さんの自画自賛:

« 増刊神様7月4・5日号 | トップページ | PHASE24~26<ガンダムSEED DESTINY REVENGE> »