« のび太のジゴクめぐり(その7)<ドラえもんオリジナルネタ小説> | トップページ | 第36話:奪われるガンダム<ガンダムAGEレビュー> »

今週の神様29号:危機(ピンチ)は忘れた頃にやってくるの巻

たまには日帰りの放浪もいいものです、ていうか今回も投げやりだったなあ。

さて今週はナルトがお休みということで、

<べるぜバブ>
大魔王の命で名門校に潜入することになった男鹿。物々しい警護の中、あと姫川を交えてさてどうなることやら。

<ONE PIECE>
シーザーを捕え追い詰めようとしたが、ガスと毒の猛攻で身体が持たなかったか。まあ調子に乗って吸いすぎたんですね。
一方のローも研究所に潜入したはいいけれど、いつの間にか罠にかかる、そして目の前に現れたのは。
今回一気にピンチに陥ったけれど、逆転のカギはだれが握るのか。まずは胴体を探さんと湖に飛び込んだナミのサンジか、そして。

<トリコ>
乱入したのは新型GTロボ、ひとまずの水入りで引き下がった美食會の面々。変わり果てた友を嘆くもトリコの励ましで決意を新たにする小松くん。一方で力の足りなさを憂慮するトリコだが。
やはり珍師範の援護射撃で手負いだったか千代婆。
しかしロボのを操ったスタージュンとのコンビか、大竹は。

<SKET DANCE>
女王をめぐるオス同士の醜い争いか、そもそも抜け駆けを許さぬがゆえのことだろうし。

<銀魂>
いつの間にやら同情復興のお話になったか、そういやこの漫画もSFマンガだったな。今度は○ターウオーズですか。

とまあ、こんなところで。

|

« のび太のジゴクめぐり(その7)<ドラえもんオリジナルネタ小説> | トップページ | 第36話:奪われるガンダム<ガンダムAGEレビュー> »

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/45648027

この記事へのトラックバック一覧です: 今週の神様29号:危機(ピンチ)は忘れた頃にやってくるの巻:

« のび太のジゴクめぐり(その7)<ドラえもんオリジナルネタ小説> | トップページ | 第36話:奪われるガンダム<ガンダムAGEレビュー> »