« ドブ川のブルース<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 増刊神様5月9・10日号 »

今更ながらKOFⅩⅢクライマックスを軽く語る

さてみなさん、先月末KOFⅩⅢの家庭用の逆移植ということで『KOFⅩⅢクライマックス』が稼働しましたが、
確かにかつての98UMと同じようなノリでつくったつもりだったのでしょう。しかしながら新規の追加キャラはビリー一人であとは京、庵、タクマ、サイキの羅刹キャラ(業界用語)といった具合。
まあはっきり言って前作の問題点の根本的な解決には至っていないのはやむを得ないのはもちろん、やはりこれで完全には巻き返せるとは思えないのも正直なところ。
少し先立ちますが、個人的にサイキとアッシュの性能そのものは同じなので、ボスアッシュの能力をサイキに反映されればとも思いますが。いずれにせよ本作のあの終わり方は今でも納得はしていません。
それし一部ファンが期待していただったアーデルハイドの追加がないのはやはり痛い。彼自身ルガール編、そしてオロチ編を補完する形で製作されたキャラで、ⅩⅠにてようやく形が整ってきただけに本当に残念なところ。
それらを踏まえて、いずれⅩⅢの補完をすべきⅩⅣの制作にもそれなりの力を蓄えなければならないだろうから、ひとまずは見守ることいいたしましょう。

|

« ドブ川のブルース<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 増刊神様5月9・10日号 »

KOF」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/45095290

この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらKOFⅩⅢクライマックスを軽く語る:

« ドブ川のブルース<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 増刊神様5月9・10日号 »