« 第29話:じいちゃんのガンダム<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | ONE PIECE海賊無双反省会 »

劉雲飛<真サムライスピリッツ2>

さてみなさん、今回の真侍魂2は、零からの仙人、劉雲飛のストーリーをお送りいたします。
雲飛といえば、ある程度の空中戦にて相手を翻弄して闘うキャラとして勇名をはせているのですが、先の閃とは違い、こちらの方がより雲飛の闘いに近いかなとは思いますが。
まあそんなわけですので、それでは、ごゆっくり。

ベースストーリー
 
かつて日輪國の乱において、闇キ皇(くらきすめらぎ)を封じんとその身をささげた雲飛だったが、直後彼に仙術を授けた神仙に助けられ、そのまま修行を続けることとなる。
 
今回も闇キ皇の力の源、大日の影を鎮めんと身を投じるのだが。

オープニング
 
島原の凶事より時は流れ、今まさに嵐の予感があった。
 
雲飛「さて、行くとするかのう」

中間デモ
 
雲飛「さてと、こうも闘い続きでは少し疲れるのう」
 
黒子「大丈夫、オーケー、自分を信じてゴーです」
 
雲飛「さてと、この者も測り知れぬ。しかし今はその言に従うか」

最終戦デモ
 
魔の本拠を前に、高台に立つ雲飛。
 
雲飛「さて大日の影よ、今こそ鎮めてしんぜよう」
 
2つの聖石が吸い寄せられ、魔の社が現れる。
 
「ラキキラ無理無理キキッ、ンキキラッ、喰ってやろう!!!!」
 
雲飛「ついでに影のシモベよ、そなたも解き放ってしんぜよう」

エンディング
 
ミヅキを退けた雲飛は、高台でたたずんでいる。
 
雲飛「さて残るは大日の影だが、むう、あれは光の巫女」
 
向かいの高台にて、ナコルルが光となり暗い雲を鎮める。すかさず雲飛も瞬時に移動する。
 
そこでは刀をつかんでいたママハハがはばたいていた。
 
雲飛「おお巫女よ、本来儂が為さねばならぬを、すまなんだのう。ひとまずは休むがよい」

数日後、出羽の里にて。そこではいろは、つなみ、そして魔性が抜けたミヅキ改め阿国がいた。
 
雲飛「大日の影はひとまずは収まった、しかし闇キ力、魔の残滓はいまだたゆとうておる。いずれそなたらの力も必要とするやもしれぬ」
 
いろは「はい、私が出来ることならば何なりと」
 
つなみ「まあ面倒なことですが、頼られるならやってみせますわ」
 
阿国「これも罪滅ぼしとなれば、私も出来る限り」
 
雲飛「うむ、そなたらをはじめ多くの強き魂の士、そして他の巫女も己の力と心を高めることであろうな。さすればさらなる魔の根源も怖れるに足りぬ」
 
阿国「はい、ところで雲飛どのはいかになさいますか」
 
雲飛「うむ、儂はぶらりと諸国を回ってから神山へと修行のし直しじゃ。あといい酒が西国にあると聞くでのう」
 
といって雲飛は去っていく。それを阿国たちは会釈で見送るのだった。

(スタッフロールへ)

|

« 第29話:じいちゃんのガンダム<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | ONE PIECE海賊無双反省会 »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 劉雲飛<真サムライスピリッツ2>:

« 第29話:じいちゃんのガンダム<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | ONE PIECE海賊無双反省会 »