« 第31話:戦慄 砂漠の亡霊<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | おちょくられ両さんの艱難辛苦 »

悪魔将軍<ジャンプVSカプコン>

さて今回のジャンカプは、中ボス特集ということで悪魔将軍をお送りいたします。
当記事における悪魔将軍はキン肉マンにおける強敵で、後期には完璧超人や運命の王子たちなどのが登場したもののその威厳やら存在感は今でも劣らないものですが。
そういうことですので、それでは、ごゆっくり。

名前:悪魔将軍
出展作品:キン肉マン
もともと魔界の邪悪な思念が超人界の至宝、黄金のマスクとアシュラマンはじめ悪魔超人たちの力で実体化したものである。
正義超人界および人間界の征服をもくろんだがキン肉マンはじめ正義超人の活躍で撃破された。
しかし暗黒の力により再び人間界に降り立ち、世界中に災厄をもたらすとともに、キン肉マンはじめヒーローたちを血祭りに上げんとする。

・投げ技
ハンギングスロー(相手の近くで前後+中、大パンチ):片手で相手の首をつかみ、そのまま投げ落す。
フェイスブレイカー(相手の近くで前後+中、大キック):全身で相手の頭を締め付ける。
・必殺技
ダイヤモンドダスト(214+パンチ)身体をダイヤモンドの塊に分解して相手を巻き込ませる。
フットスタンプ(214+キック・空中可):空中ではそのままで、地上では一旦飛び上がってから斜めに急降下して両足で踏みつけるように蹴る。
ライジングソード(623+パンチ):両手のソードで斬り上げる対空技。
パワードレイン(相手の近くで63214+キック):相手の顔をつかんでパワーを吸収する。
・スーパーコンボ
地獄のメリーゴーランド(236+パンチ2つ):回転して飛びかかりつつ、両手のソードで斬り付ける。
悪魔金剛地獄(236+キック2つ):胸から無数のダイヤモンドの塊を繰り出す。
・ハイパーコンボ
地獄の九所封じ(レバー1回転+パンチ全部):連続した投げ技を繰り出して相手の九つの急所を攻める。

・勝利メッセージ(抜粋)
リュウ:いかに鍛えようとも所詮は人、わたしこそが真の闘士にふさわしい。
春麗:どうだね、真の柔の闘いは、しかしその蹴りはいい刺激だったよ。
ガイル:真空の蹴りは見事、しかし足りぬのは勝利の執念のみだったか。
ザンギエフ:お前の信念は買うべきだな、しかし本当に価値あるのは欲望なのだよ。
ダルシム:この程度では理屈倒れだが、わたしの金剛心、わずかながらに響いたのだがね。
さくら:ねじ伏せるも味気ないかな、ひとまずは気絶のみでよかろう。
キャミィ:出来るなら今一度跳びたまえ、ひと思いで捕まえてみせよう。
ダン:腕はともかくその耐久性は超人並みか、これだけは倒しきれぬな。
ローズ:神とても運気はままならぬもの、あえてわたしの運気を測るか、それも面白い。
アレックス:確かに腕力の身ではなかったか、だが想いだけで勝てるとは思わぬことだ。
デミトリ:ここにも魔族の侵攻か、しかし私の存在は意外だったかね。
モリガン:むう、お前の内なる気、わたしと同じ敵の力を取り込んだのではないかね。
コマンドー:これが真の超人の闘いだ、素人勝負でわたしの力を見誤ったのかね。
デビロット:負の力は道楽では使いきれぬ、しかし鍛えがいもあったよ。
トロン:わたしの身体はただの宝石ではない、しかしリスクは覚悟の上のはずだ
アマテラス:ただのイヌでないのは気に入ったよ、確かにじゃれつき甲斐があった。
ダンテ:ただの怖いもの知らずで勝てるほど、魔界格闘技は甘くはないのだよ。
イングリッド:力の探求は神としては当然の仕儀だ、使わねば損というものだよ。

悟空:宇宙の戦士たるお前を倒し、ここでわたしの力宇宙に轟かせてもらうよ。
ルフィ:柔軟ならばわたしも負けぬ、何より心地よいほどの覇気でもあったよ。
ナルト:まさしく真のチャクラと仙気だった、いつかは取り込みたいものだな。
銀時:金剛心を持ってこその侍だ、しかし砕かれる前に倒させてもらったよ。
剣心:確かに喰えぬ男だな、しかし情けをかけて倒さんとはやはり見事。
一護:わたしの魂は永遠だ、ゆえに送られるわけにはいかないのだよ。
トリコ:喰うか喰われるかの闘いが一番面白い、お前の血肉、その身に受けよう。
男鹿:お守りとしては申し分ない、せいぜい貫目だけでも貫きたまえ。
ボッスン:少しは誇れる機動力だったか、だがもう少し楽しませてもらおうか。
星矢:ここまでのコスモの高まりとは、肉体の超越も敬意を表したい。
翼:せっかくサッカーの仕合につきあったのだ、もう少し楽しんではどうかね。
ウイングマン:やはりお前も超人の片鱗か、しかし次元の力だけではわたしに勝てぬよ。
承太郎:これがスタンドかね、しかしわたしとて全方位に目は向いておるよ。
桃太郎:ただぶった斬れば勝てると思ったかね、せっかくの捨て身も泣くというものだよ。
キン肉マン:わたしとてもそのクソ力を未だ打ち破れぬな、しかしそれも時間の問題よ。
一堂零:ほう、ここまでにすり抜けられるとは、わたしを弄ばんとしたはまず見事。
幽助:やはりただの人ではなかったか、これほどの霊力を繰り出すとはな。
大尊:その侠の気迫は買うべきかな、ひとまずは弄ぶのも悪くはない。
ひろし:これで二身一体のつもりか、その心意気だけは買いたいのだがね。
ララ:女とても容赦はしない、しかしいたずらに傷付けるほどは落ちぶれてはおらぬ。
金色の闇:肉体の一部のみではまだ甘いな、肉体そのものを武器にせねばな。
両津:いかなる禍もはねのけるか、やはり見事なまでの金剛心だ。

|

« 第31話:戦慄 砂漠の亡霊<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | おちょくられ両さんの艱難辛苦 »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/44675212

この記事へのトラックバック一覧です: 悪魔将軍<ジャンプVSカプコン>:

« 第31話:戦慄 砂漠の亡霊<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | おちょくられ両さんの艱難辛苦 »