« 4月のお知らせ | トップページ | 今週の神様18号:春の誘いを求めての巻 »

今更ながらソーサリアンについて語る

さてみなさん、今回は懐かしのゲームレビューということで、87年ごろ日本ファルコムさんから発売された『ソーサリアン』をいつもながらの知ったかぶりで述べたいと思います。それでは、ごゆっくり。
 
さてこのソーサリアンは、プレイヤーが創ったキャラクターを用意された10数本のシナリオを冒険していくものであり、初めのうちはかの『ウィザードリィ』と同じノリかなとも思ったりもした。
 
まず街で冒険の準備として装備を整え、星の力で魔法を製作してもらうということだけど、これが結構時間を食い、一通りの魔法を得るために、世代交代ということで何度もステータスが初期化されるという羽目にもなりかねない。もっとも、その初期化を無効にするウラワザがあるけれど。まあそれはさておき。
 
さてそれからの冒険というけれど、確かにアクションRPGというジャンルということだけど、実際進めてみたらメインはフィールドやダンジョンを時にはアドベンチャーやパズル的な要素も交えつつめぐり、クエスト解決やモンスター討伐等のミッションをこなしていく。
 
特にモンスターについては、いわゆるボス格はともかく、ザコモンスターのほとんどが経験値の足しになりにくく、中には回避した方がいいのだけれど、中には石化やら即死効果のモンスターもいるのでこれも厄介な存在となっている。
 
これら実際の戦闘について、同時期に『イース3』やら『ほっぷるメイル』やらの作品があるので、先の冒険準備と併せてどうかなと思ったりもするけれど、それでも当時は画期的なシステムだったから。
 
あとユーザーからのシナリオ募集もあって、これは今でいうツクール系にも通じたかなとは思う。
 
そういえば今でも細々と改良版やらパソコンでのオンライン版やらが発売されているし、これもPSPあたりをはじめコンシューマーでの再展開を期待したいと思うがどうでしょうか。

|

« 4月のお知らせ | トップページ | 今週の神様18号:春の誘いを求めての巻 »

ゲーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらソーサリアンについて語る:

« 4月のお知らせ | トップページ | 今週の神様18号:春の誘いを求めての巻 »