« 第27話:赤い夕陽を見た<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | タッチ続編、ですか »

ピッコロ<ジャンプVSカプコン>

さてみなさん、今回のジャンカプは悟空のライバルキャラということで、ピッコロをお送りいたします。かつては強敵として、後によきライバル、そして頼もしい仲間として活躍する彼の魅力を何とか再現しようとしましたが。
さて何はともあれ、それでは、ごゆっくり。

名前:ピッコロ
出展作品:ドラゴンボール
かつて悟空に倒されたピッコロ大魔王から産み落とされたいわば生まれ変わりで、その正体はナメック星人の戦士の一人でもある。
後の天下一武闘会で悟空と再戦するもまたも敗北。さらに時が流れてのサイヤ人の来襲を受け、成り行き上息子の悟飯を鍛え上げるなど、今ではよきライバルとして居座っている。
もちろん今回の凶事に彼自身も立ち上がろうとするが。

・特殊技
空中ダッシュ(空中で任意のレバーを素早く2回):空中で素早く移動が出来る。
・投げ技
地獄突き(相手の近くで前後+中、大パンチ):片手で相手をつかみ上げ、もう片方の手で何度も突く。
片手投げ(相手の近くで前後+中、大キック):片手で相手の足をつかんでそのまま投げ落す。
・必殺技
魔光波(236+小、中パンチ):指先に気を集中して気の弾を繰り出す。
魔貫光殺法(236+大パンチ):指先に気を凝縮し、気の光線を繰り出す。
ピッコロスルー(相手の近くで63214+キック):相手をつかんで回転しつつ舞いあがって地面に叩きつける。
魔光殺(空中で214+パンチ):口から気の弾を繰り出す。ボタンによって角度が違う。
・スーパーコンボ
真・魔光破(236+パンチ2つ):手を掲げ上げて気を集中し、巨大な気の弾を繰り出す。
ナメック突き(214+パンチ2つ):両手を伸ばして何度も突く。ヒットすれば巻き込みの効果がある。
再生(214+キック2つ):腕を破壊してすぐに再生する。体力を回復する効果がある。
・ハイパーコンボ
ナメック流メテオスマッシュ(相手の近くで63214+キック全部):アッパーの後に空中である程度の組み手の後に吹き飛ばしの一撃の後に跳ね返った相手をつかんで地面に叩きつける。

・勝利メッセージ(抜粋)
リュウ:俺も純粋な闘争を求めていた、お前との仕合はまさにそうだったぞ。
春麗:やはり女というものが一番強いかもな、こうも打たれては流石に効いたぞ。
ガイル:お前も守りながら闘うか、しかし殺し合いも俺の望むものではないな。
ザンギエフ:地面に投げ伏せるとは考えたな、しかしお前の信念もよほど侮れんな。
ダルシム:説教のみが能ではなかろう、俺も闘争のみではいられんからな。
さくら:子供なりにいいポテンシャルだ、強くなることはこういうことだな。
キャミィ:落ち着きのない女は嫌いだ、もっと地に足をついて闘うことだ。
ダン:これで勝ったとは大人げないがな、だがお前の根性もまた気に入ったぞ。
ローズ:定まった未来を漠然と生きるも、やはり意味がないのではないか。
デミトリ:ある意味お前と俺は同類だ、その野心が世の均衡を守るからな。
モリガン:色仕掛けなら他を当たれ、しかしもてなす気持ちは受け取ってやろう。
レイレイ:だから俺は妖怪じゃないぞ、そうでなくとも容赦なかったからな。
ソンソン:やはり親戚というわけじゃなかったか、それらしいので闘いやすかったがな。
デビロット:二人がかりは構わんが、色仕掛けというのは勘弁してはくれないか。
トロン:その科学力とやらはブルマ顔負けだ、いっぺん顔を出すのも悪くないぞ。
レオ:いっそ斬られた方が痛みも少なかったが、ぶったたかれるならそれ以上だった。
飛竜:手足は再生できるが首はそうはいかんからな、そう簡単には取らせんよ。
アマテラス:イヌの散歩どころじゃないと思ったが、修行と思えばまだ楽だったな。
ダンテ:まだまだ武器の身に頼り切るか、だが本気出せばそうはいかんからな。
イングリッド:昔の俺なら潔かったが、今封じられるにはいろいろ背負っちまったからな。

悟空:これで勝ったとは張り合いがないな、常に本気でかかってこい。
ルフィ:伸ばすのみではお前の闘いではなかろう、しかし闘いはこうでなくてはな。
ナルト:これが忍術というやつか、思ったよりもまっすぐな力だから意外だったぞ。
銀時:霊木の力とは贅沢だったな、結構な侍っぷりもさらによかったぞ。
剣心:斬らずして勝とうなど甘いな、しかしお前の本気は感じることが出来たぞ。
一護:俺も生き死にを繰り返したからな、だがお前の厄介にはまだ早いか。
トリコ:喰って力を取り込むのは気になったが、闘いの想いならば共感したいな。
男鹿:やはり守りっぱなしじゃいられなかったか、持ちつ持たれつとはよくいったな。
ボッスン:やはりお節介で動くか、力はともかくお前の心意気なら認めるところだ。
星矢:闘うからにはお互い傷だらけは望むところ、それなりに勝利の価値があるからな。
翼:いかなるルールでも勝たねばな、まずはボールを奪わねば本当に勝てんな。
ウイングマン:力というのは使わなくては意味がないからな、それゆえお前の力も本物だ。
承太郎:これで意表を突くわけでもないだろう、お前の闘いもまたまっすぐだからな。
桃太郎:命を捨てる覚悟か、こういった緊迫感も勝利への要素だろうな。
キン肉マン:やはり肉体での闘いは面白い、生きることこそが闘いなのだからな。
一堂零:身体ごと伸縮自在とはやるな、マイペースながらもいい戦闘力だった。
幽助:その霊力とやらも俺たちの気と通じるか、俺たちも死線をくぐり抜けたからな。
大尊:腕っ節以上の男気、ようやく引き出せたか、その覚悟を待っていたぞ。
ひろし:信じられんな、お前も地球のカエルじゃないのか、まさしくド根性だったぞ。
ララ:ただの酔狂でとは思ったが、なるほどお前も心意気だけは本物だったか。
金色の闇:宇宙の殺し屋とやらも甘くなったな、それならばお前も俺と同類だ。
両津:やはりデタラメなのは生命力だけじゃなかったな、その行動力も気に入ったぞ。

|

« 第27話:赤い夕陽を見た<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | タッチ続編、ですか »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/44535235

この記事へのトラックバック一覧です: ピッコロ<ジャンプVSカプコン>:

« 第27話:赤い夕陽を見た<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | タッチ続編、ですか »