« 第23話:疑惑のコロニー<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | 鉄拳TTアンリミテッド、ですか »

緋村剣心<ジャンプVSカプコン>

さてみなさん、今回のジャンカプは90年代ジャンプのヒーローの一人、緋村剣心をお送りいたします。
さてこの『るろうに剣心』、美少年(青年か)剣士、剣心の活躍が多くの女性のハートをつかみ、今なお愛される作品となりました。
それはアニメ、OVAとメディアを展開し、今なおも続編が描かれることからもうかがえることでしょう。
そんな剣心の活躍を、同じノリ(外見上)の銀時と兼ねあって書き上げました。
そういうことで、それでは、ごゆっくり。

名前:緋村剣心
出展作品:るろうに剣心
かつては人斬り抜刀斎と畏れられた剣客だったが、ある事件を機に人を斬らぬ逆刃刀を手に不殺(ころさず)を誓う流浪人として世を正し民を守ることを使命とする。
今回、白夜叉として剣を争っていた銀時と力を合わせる形で凶事に立ち向かうのだった。

・投げ技
柄打ち(相手の近くで前後+中、大パンチ):相手と組んで柄で突く。
巴投げ(相手の近くで前後+中、大キック):相手と組んで倒れざまに片手で投げ飛ばす。
・必殺技
双龍閃(236+キック):踏み込んで2回ほど振り下ろす。
龍巻閃(421+パンチ):刀を振って竜巻を発生させる。
龍翔閃(623+パンチ):ジャンプしながら斬り上げる。
龍槌閃(空中で214+パンチ):上空から斬りつける。
龍鳴閃(236+パンチ):刀から気の刃を繰り出す。
飛天の読み(214+キック):構えてから相手の攻撃を受け流して斬りつける。
・スーパーコンボ
飛天御剣流「九頭龍閃」(236+パンチ2つ):刀から龍型の気を連続して繰り出す。
飛天五連撃(236+キック2つ):踏み込みつつ斬撃を連続して繰り出す。連続技に組み込めるのが強みか。
・ハイパーコンボ
飛天御剣流奥儀「天翔龍閃」(236+パンチ全部):踏み込んで強大な一閃を繰り出す。

勝利メッセージ(抜粋)
リュウ:真の武を極めてこそ、拙者の不殺も極まる気がするでござるな。
春麗:貴女の御脚は剣にも勝ります、いえ、邪な気はないでござるよ。
ガイル:貴殿も斬れる業でござるな、されどこの御心は真の武でござろう。
ザンギエフ:信念に根差した金剛心でござる、貴殿ならば祖国を守れるでござるよ。
ダルシム:御上人、拙者の路は、今からでも義しきに進めるでござろうか。
さくら:清心でこそ武を極めるもの、貴女ならばきっとたどり着けるでござる。
ダン:確かに斬っても折れぬ心意気でござる、なれば貴殿の前はお任せあれ。
キャミィ:体技はよろしいがごこちないでござるな、もっと御心を解き放つでござる。
ローズ:ひとまずは大丈夫でござる、自らで歩むが師の教えでござる。
デミトリ:確かに斬るだけではお主は倒せぬ、今は負けを認め去るがよろしかろう。
モリガン:まず斬るは拙者自身の心でござるな、そうそう貴女の思惑は乗らぬでござる。
フェリシア:その爪は侮れぬでござる、されどいたずらに傷つけぬものでござるな。
バレッタ:武器に頼り過ぎでござる、それより闘いの心得も未熟でござるな。
レオ:真の達人は武器を選ばぬもの、その意味では拙者が御身に及ばぬは道理でござる。
デビロット:拙者もやましい気持ちではなく、ただ清楚な美しさに気を取られたでござる。
トロン:ただのおもちゃ遊びでないのも分かり申すが、壊れてないでござるかな。
飛竜:人ならぬものとはいえ、お主もゆめゆめ斬る業に陥りなさるな。
アマテラス:お主もただのイヌではござらぬな、よもや拙者を導くでござるかな。
ダンテ:人を殺めるは武器でなく人、今は言葉だけ覚えればよろしかろう。
イングリッド:業そのものが力ならば、今貴女に封じられるに及ばぬでござるな。

悟空:相変わらずの強さ、その理を知りえるが故の力でござるか。
ルフィ:たとえ刃でも、お主の覇気と信念は斬れるものではござらぬな。
ナルト:拙者も忍の心得は知りえるが、お主もまた真の忍道でござるな。
銀時:拙者の逆刃刀とお主の洞爺湖、どちらも時代を斬り開けるでござるな。
剣心:拙者にも迷いあらば、ひとまずは受け入れねばならぬな。
一護:お主も人でなく、魂を斬る者、命の理、ゆめゆめ忘れぬよう。
トリコ:あえて食の本能に身を委ねんも、心意気は真の闘士でござったか。
男鹿:守らんとするは分かり申すが、赤子を巻き込むは感心しないでござる。
ボッスン:世のため働くは力まずにいくが肝要でござる、お主もいけてるでござるよ。
星矢:己が身をかけての命の力、拙者もかいまみれたでござろうかな。
翼:拙者もお主の球のように、この剣を友に出来るでござろうか。
ウイングマン:お主もヒーローとして、真の戦士として有意義な仕合でござった。
承太郎:慣れるに大変でござったが、なるほど結構なスタンドの力でござる。
桃太郎:命よりも名誉と心意気、されど生き延びてこそ守る瀬もあるでござる
キン肉マン:貴殿も気迫の闘技でござったな、へのツッパリ、見事でござるよ。
一堂零:飄々としながら信念で闘う、一堂どのに比べれば拙者も未熟でござる。
大尊:拙者もこんななりでござるが、お主の男には引けを取らぬでござる。
幽助:不殺の果てに何があろうか、死を超えたお主でもたどり着けぬ境地でござるか。
ひろし:これがド根性でござるか、お二人とも結構な男っぷりでござる。
ララ:いかに女でも胸を張って闘える、まさに圧倒されたでござるよ。
金色の闇:貴女もまた不殺に目覚めつつあるでござる、その御心は忘れなきよう。
両津:常に身体を張って生きていける、両津どのがおられたら日本も安心でござるな。

|

« 第23話:疑惑のコロニー<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | 鉄拳TTアンリミテッド、ですか »

カプコン」カテゴリの記事

ジャンプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/44160890

この記事へのトラックバック一覧です: 緋村剣心<ジャンプVSカプコン>:

« 第23話:疑惑のコロニー<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | 鉄拳TTアンリミテッド、ですか »