« 今週の神様12号:独りゲームの達人の巻 | トップページ | 風間葉月・改訂<サムライスピリッツ閃オリジナル> »

第18話:アセムの旅立ち<ガンダムAGEレビュー>

連邦軍に入隊したアセム、総司令、そしてフリットの訓示を受け、意気上がるアセム。
 
一方ヴェイガンにてもイゼルカントらしき人物に司令官に任命されるゼハート、兵士たちも動揺を隠せないが、それすら楽しんでるように見えるかな、ゼハート。ともかくお互いの路も定まった、でいいかな。
 
アセムが配属されたのはあのディーヴァ。艦長のミレースをはじめウルフ、ディケらのクルー。そして女パイロットアリーサらに迎えられる。これは定石どおりかな。あとロマリーがオペレーターにすわったのも、あの展開も期待できるかもしれないかなあ。
 
そして発せられた任務は地球へ物資を運ぶ。そこに敵の襲来、あのゼハートがさっそく試し討ちってところで。しかしフリット司令が出立した直後とは多少は狙いすぎか。ともかく迎撃に向かうウルフ隊、しかしアセムのガンダムは遅れて発進かな。
 
やはり初陣にては防戦一方は無理ないけれど。やはりガンダムが来たら一気に形勢逆転。これも見せ場ってところかなあ。
 
しかし最後で出しゃばりすぎて艦長命令にたがえたかどでミレースに叱責を受ける。まあ彼女なりにアセムを心配していることかなあ。まあ昔っから責任感は強い人だからなあ。
 
今回はちょっと丁寧に流れたなあ、という感じで。これもひいき目かもしれないけれど。

|

« 今週の神様12号:独りゲームの達人の巻 | トップページ | 風間葉月・改訂<サムライスピリッツ閃オリジナル> »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第18話:アセムの旅立ち<ガンダムAGEレビュー>:

« 今週の神様12号:独りゲームの達人の巻 | トップページ | 風間葉月・改訂<サムライスピリッツ閃オリジナル> »