« 今週の神様10号:期待と不安の板挟みの巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリー・秦崇雷編97 »

第17話:友情と恋とモビルスーツ<ガンダムAGEレビュー>

転校してきた若者ゼハートは実はヴェイガンのエージェントだった。というのは先に述べたけれど。
先の襲撃の後もアセムたちMSクラブの面々は大会用機体の整備に余念がなかった。それに際し、ガンダムのことは秘密にするようバルガスに告げられるが。そしてそれはロマリーも承知していた。そこから仲が進展するということかな。
一方ゼハートは先のガンダムの居場所を割り出した。しかしMS鍛冶ってなんだかなあ。案外作業用にもMSが使われているというのもさもありなんって感じか。
ともかく次の布石、ゼハートもクラブに潜入、動向を探ろうとするが。
しかしその見返りがクラブのMSの調整というもの結構いいだろうけれど。ここでアセムたちとの友情が芽生えたか、表向きには。
更に整備中顔を出したロマリーを事故から救ったのもゼハートだった。ここでもお近づきになったってところ。ここにきて三角関係にも進展するのか。
一方でヴェイガンとしての作戦も進行させているが、それについても多少の葛藤があったが。ともかく後日アスノ邸にての資料入手の際、ついにガンダムの隠し場所をつきとめる。
そして迎えたMSバトル大会。エミリーやロマリーが見守る中、アセムたちは着実に勝ち進んでいた。同じくMSを輸送するトレーラーの姿が。結構大胆だなあ。
そんなこんなでついに迎えた決勝戦、そこでゼハートが作戦の決行を指示、同時に件の敵機が起動し、馬小屋を襲撃する。通報を受け駆け付けたアセムは、バルガスたちの援護で何とかガンダムに搭乗。応戦の末1機を撃破するももう1機のゼハートのゼダスに苦戦する。
そこにアセムを案じて駆け付けたロマリーの姿を見かけてか、さらには連邦のMSの出動もあってゼハートは撤退する。
結局大会は中止、アセムとゼハートの欠席に心配を隠せないロマリーだったが。
事件の後ガンダムは連邦基地に保管され、一方ゼハートの潜入作戦はまだ続くが、ゼハート自身もわずかな心の迷いが。これも重要なファクターとなるのかな

|

« 今週の神様10号:期待と不安の板挟みの巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリー・秦崇雷編97 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第17話:友情と恋とモビルスーツ<ガンダムAGEレビュー>:

» 機動戦士ガンダムAGE 第17話 「友情と恋とモビルスーツ」 [北十字星]
機動戦士ガンダムAGE 〔MOBILE SUIT GUNDAM AGE〕第2巻 【豪華版】 (初回限定生産) [Blu-ray](2012/03/23)豊永利行、遠藤綾 他商品詳細を見る  「青春は、友情と恋とモビルスーツ」、何故モビルスー...... [続きを読む]

受信: 2012年2月 7日 (火) 22時26分

« 今週の神様10号:期待と不安の板挟みの巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリー・秦崇雷編97 »