« 第11話:ミンスリーの再開<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | 忘られ両さんの温故知新<こち亀81レビュー> »

黒河内夢路<真サムライスピリッツ2>

さてみなさん、今回の真侍魂2は、零の中ボスとして当時のプレイヤーに立ちはだかった夢路のシナリオをお送りいたします。
このシナリオは、ある意味後出しのストーリーではありますが、この後の閃のストーリーを見ながら楽しめればよろしいと思いますが。
まあなにはともあれ、それでは、ごゆっくり。

ベースストーリー
黒河内夢路
神夢想一刀流の後取りとして育てられるも、些細な事項により家を負われ、放浪の末、日輪國に流れ着き、領主の我旺にその実力を見初められる。
後の日輪の乱において我旺のもとで露払いを受け持つも、一人の剣士に打ち負かされ、自身もお尋ね者として追われる身となった。
その終わりなき逃亡の果て、闇キ皇の根源たる真なる魔の台頭を受けて、己が宿業のごとくに立ち向かうを決意する。

オープニング
島原の凶事より時は流れ、今まさに嵐の予感があった。
夢路「闇キ力、その根源、やらねばなりませんか」

中間デモ
夢路「業渦巻くは戦のさだめ。しかし・・・・・」
黒子「大丈夫、オーケー、自分を信じてゴーです」
夢路「何とも、侮り難いものです」

最終戦デモ
魔の本拠を前に、高台に立つ夢路。
夢路「ついに、ここまでたどり着けましたか」
2つの聖石が吸い寄せられ、魔の社が現れる。
「ラキキラ無理無理キキッ、ンキキラッ、喰ってやろう!!!!」
夢路「闇キ力、何としても封じなければ」

エンディング
画面は真っ暗なまま、とある男たちの会話が流れる。
「それじゃ、手はず通りだ。なに、おめえなら潜り込んでも感づきゃしねえよ」
「・・・・・」
「それにだ、おめえの家族の仇だ。首さえ取りゃ浮かばれるもんだ」
「・・・・・」
(そして俺らは恩賞はがっぽり。こいつは悪くはねえな・・・・・)

変わって林の中、たたずむ夢路に一人の少女が駆け寄ってくる。
少女「た、助けて、下、さい・・・・・」
夢路「どうしたのですか、なるほど、そういうことですか」
数人の男たちも駆け寄ってきた。
「おうおう、せっかくの金ヅルだ、逃げんじゃねえよ」
夢路「おやめなさい、さあ、あなたはこちらへ・・・・・」
少女、夢路に誘われるままに懐に駆け込む。しかし次の瞬間、隠し持った脇差しで夢路を刺す。
夢路「・・・!?
少女「・・・父上と、兄上の、仇・・・・・」
「がーっはっはっは、まんまとひっかかったな。こいつはおめえが手にかけた親子の末娘よ。すべては俺たちの計画通りだぜ、夢路よお!」
夢路「・・・そういう、こと、ですか・・・。これが、私の、罪。しかし・・・・・」
「後はてめえの首を取るだけよ。それ、やっちま!!
男たち、一斉に夢路に襲いかかり、画面が赤く染まる。

(スタッフロールへ)

|

« 第11話:ミンスリーの再開<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | 忘られ両さんの温故知新<こち亀81レビュー> »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 黒河内夢路<真サムライスピリッツ2>:

« 第11話:ミンスリーの再開<ガンダムAGEレビュー> | トップページ | 忘られ両さんの温故知新<こち亀81レビュー> »