« 今週の神様48号:無軌道からの脱却の巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリー・スポーツチーム編97 »

第5話:魔少年<ガンダムAGEレビュー>

ディーヴァはようやくコロニー・ファーデーンへとたどり着く。先回の戦闘から迷いを生じたフリットをウルフは遠回しながら支えていくか。そんなフリットをエミリーは不安を募らせていく。
一方グルーデックは先のディーヴァ乗っ取りの容疑で拘束されようとするも事前の根回しで難を逃れる。続いてエミリーに真意をただされ、今後の作戦についてのガンダムの必要性を語るが、やはりエミリーにとっては納得できるものではなかったか。その直後見やった家族の写真か、彼もまたかつての戦争の被害者ということか。そしてここでの軍部もやはり、かな。

変わってフリット、コロニー内での散策の仲、一人の子供を引き取ることになり、そこ子供、デシルとの邂逅は先のユリンと同じ感覚をもたらした。
そんな中、UEの襲来に何故かデシルがガンダムで発進する。それを追うフリットとウルフ。しかしデシルは敵をむしろ翻弄し、フリットをも挑発する。帰艦したフリットにシステムを返し、怪しい笑みを浮かべて再会をほのめかす。
その後デシルのもとに謎の一団が近づいてくる。
まああらすじについてはこんなところで。

今回はデシルの“お遊び”で話は流れたけれど、そのデシル、たしかに編者的にはOOのイノベイトのイメージが近い、それはラストに登場した謎の一団も、ってところか。それにしても今回のサブタイトルは名付けたり、ということになるか。
それにグルーデックの戦力増強の話、連邦がアテにならないというならばやはり次回以降の展開がカギということかな。

|

« 今週の神様48号:無軌道からの脱却の巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリー・スポーツチーム編97 »

ガンダム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第5話:魔少年<ガンダムAGEレビュー>:

« 今週の神様48号:無軌道からの脱却の巻 | トップページ | KOFヒドゥンストーリー・スポーツチーム編97 »