« 僕の目覚まし事情 | トップページ | キング・龍虎2ストーリー<龍虎の拳1・2> »

愛され両さんの義理人情<こち亀サポーターズ7月号レビュー>

さてみなさん、先日発売された『こち亀サポーターズ7月号』そこでは『NARUTO』の岸本せんせいがチョイスした『部長の家に泊まろうの巻』が掲載されたけれど。
これは大原部長の家に空き巣が入り込むも、部長はどこかのタレントと勘違いして泊めてあげる。空き巣はその心遣いに感動するも、翌朝盗むものを盗んでいってしまったそうな。

ここから述べるに、これはテレビ東京の『田舎に泊まろう!』をもじったお話で、「安易に人を信用すると足元をすくわれますよ」という教訓を込めてはいるのだけど、やはり人情的にはどうか。
部長も一応は人格者なのだから空き巣も自首してくれたらとも思うのだけど。かつて両津も知人の家の留守を守った際、二人組の空き巣を歓待して自首させたいきさつがあるから。
でも今回の空き巣は「仕事は仕事」といって割り切っていたのかなとも見えたりして。
いずれにせよ、岸本せんせいもその事項には思い致さないはずはないと編者も信じたいのだけど。

| |

« 僕の目覚まし事情 | トップページ | キング・龍虎2ストーリー<龍虎の拳1・2> »

こち亀」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 愛され両さんの義理人情<こち亀サポーターズ7月号レビュー>:

« 僕の目覚まし事情 | トップページ | キング・龍虎2ストーリー<龍虎の拳1・2> »