« それにつけてもおカネの欲しさよ~先生、カツアゲって言葉分かってましたか<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 僕のポテチライフ »

今更ながら電人ザボーガーについて語る

さてみなさん、今回はネットでも話題が上がった“電人ザボーガー”ついて軽いながらも述べたく思います。それでは、ごゆっくり。

そもザボーガーといえば70年代の特撮ヒーロードラマとして当時はそこそこの人気を博し、今でも根強いファンがいるのも述べるまでもない。
今や伝説の特撮スターとも謳われる山口暁氏扮する大門豊を主人公に、彼が操作するヒーローロボット、電人ザボーガーとともに悪の組織Σ団と戦うのが主なストーリーである。
ザボーガーが戦った敵ロボットの中でも圧巻だったのは序盤の巨大ロボやら中盤の改造車両ロボなどとのバトルが印象深い。まあ現在ではCG使用でそれなりに再現できたりもするけれど、ある意味手作りの良さを旧作で感じてくれれば。
後半Σ団を壊滅した後で、今度は地底の恐竜魔人がサイボーグ技術を取り入れて現代によみがえった恐竜軍団が立ちはだかり、ザボーガーも強化改造したストロングザボーガーとして立ち向かうといった展開に転がりこんだ。
それが電人ザボーガーの大まかなあらすじといったところで。

そのザボーガーが2011年ごろに劇場版としてリメイクされる運びとなった。主演はタレントで俳優の板尾創路さん。演じた大門のキャラ設定が壮年期に入った多少はくたびれた人物像といったところで。もちろん青年期(役:古原靖久さん)の活躍もあるけれど、メインはあくまでも板尾さんの熟年期。結構いいドラマが描かれていて、多少は楽しめる映画になるかな、ということで。
少し遅れてそこでのザボーガーはCG駆使のスピーディーなアクションも楽しみの一つというのも忘れてはならないところ。
ともかく往年の伝説特撮ドラマ、復活の行方やいかに、ともかく(乱暴に言えば)観ればわかる、といったことで。

|

« それにつけてもおカネの欲しさよ~先生、カツアゲって言葉分かってましたか<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 僕のポテチライフ »

特撮」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながら電人ザボーガーについて語る:

« それにつけてもおカネの欲しさよ~先生、カツアゲって言葉分かってましたか<本当は怖いドラえもん> | トップページ | 僕のポテチライフ »