« 企画立ち上げ及びグランドプロローグ<namco×CAPCOM・SNK> | トップページ | この際、贅沢は言いません »

エピソード1:発端<namco×CAPCOM・SNK>

さてみなさん、今回は昨日に引き続き、『namco×CAPCOM・SNK』のエピソード1をお送りいたします。とまあこれから随時エピソードを掲載する運びとなるのですが、これもまた気まぐれで編者のキーが進まなかったりする場合もありますので。期待をしないで待っていてください。まあそういうことですので、それでは、ごゆっくり。

MAP:東京港区の公園
・公園の真ん中にたたずむ京。
京「ふう、ったく毎日退屈だぜ。何かこう、グッと燃えるようなものがほしいよな。じゃねえと、身体がなまっちまうぜ」

・そこに真吾が近づいてくる。
真吾「おーい、草薙さーん!」
京「なんだ、真吾か、今日は一体何の用だ」
真吾「ええ、神楽さんから手紙を渡すようにって」
京「ちづるからだと、また何か面倒なことが起きるってことか?」

・突然庵が目の前に現れる。
庵「ふん、相変わらずのんきなものだな、京」
京「八神か、一体何の用だ」
庵「知れたこと、俺と貴様との勝負、ただそれだけだ」
真吾(京の後ろに隠れて)「えっ、こんなところでやるんですか」
京「もうちょっと引っ込んでいろよ、真吾。まったく面倒なこったな、八神」

・イベントバトル、草薙京対八神庵
庵「闘う前に一言いっておくぞ、京」
京「どういうことだ、八神」
庵「このゲームの戦闘画面は基本的にオートバトルだ。特に指示を与えたい時は△ボタンを押すことだな」
京「ああ、そうかよ、そういや体力ゲージの下に気力ゲージがあったな、攻撃や何やらでたまる仕組みになっていて、そいつがいっぱいになったら・・・○ボタンを押して・・・・・!」
(京の気力ゲージが満タンになる)
(○ボタンを押して京の大蛇薙が発動する)
京「うおおおお、喰らいやがれえええ!!」
庵「このままでは終わらんぞおおおおお!」
(庵、KO)

・戦略画面に戻り、庵、手傷を負った状態になる。
庵「クッ、少々遊びすぎようだ、だがこれで終わったわけではないぞ」
庵、去っていく。
京「まったく、相変わらず面倒な奴だぜ」
真吾「ああ、そういえば神楽さんの件が」
京「そうだったな、なになに・・・・・」
ちづる(手紙)「Dear京、あなたも相変わらずの毎日を送っているようですが、最近の動向からまた彼らが動き出そうとしております。たしかに先の闘いでは“彼”を封じたのですが、それが完全には至っていなかったこともまた事実。ここで一気に戦力回復を狙ってくることでしょう。出来れば私も今すぐにでも駆けつけたいのですが、力の回復には今しばらくは。それまで二階堂さんたちと力を合わせて乗り切ってください。敬具」
真吾「で、どうしましょう、草薙さん」
京「まったくどうでもいいことだがよ、まあたしかにちづるだけじゃ大変そうだからな、ひとつ面倒見てやるか、で、紅丸たちは今どこにいるんだ」
真吾「あ、はい、今は渋谷の方にいると」
京「そうか、ならちょっと寄っていくか」
クーラ(シルエット・???表記)「その前にクーラたちと一緒に遊ぼう」
京「っ、誰だ・・・・・?」
突然、クーラと京たちが現れる。
真吾「こ、これは、草薙さん・・・・・?」
京「こいつは、一体どんな冗談なんだ」
クーラ「あなたがオリジナルの草薙京だね、これはあなたの細胞から作られたクローンユニットなんだよ。で、あたしが戦闘ユニットのクーラ。ねえ、これからクーラたちと遊ぼう」
真吾「といっても、どれも草薙さんだからなあ」
京「本物の俺はあんなダセえ服着ねえよ。ともかく化けの皮ごと燃やしてやるぜ」

・京のクローンが一人突出し、京たちに近づいてくる。

・イベントバトル、京、真吾チーム対クローン京
京「さてと、ここからチームバトルだが、基本はさっきと変わりねえから、時折細かい指示を入れればいいんだな」
真吾「ちょっと大変そうですね」
京「おっ、ちょうどお前のゲージがいっぱいになってるな、ちょっと一発やってみろよ。くれぐれも間違って俺に当てるなよ」
真吾「え、はい、やってみます」
(真吾、超必殺技(駆け鳳燐)繰り出しクローン京を一人撃破する)
(クローン京、KO)

真吾「な、何とか出来ました」
京「まあこんなところだろう」
クーラ「うん、結構遊んでくれるね、それじゃもっと遊ぼう」

・クーラの回りにさらに多数のクローン京を出現させる。
真吾「わっ、また増えた」
京「くそっ、こいつはきりがねえ。こいつは一旦逃げるぞ、真吾」
真吾「ああっ、待って下さい草薙さん」

・京と真吾、一旦姿を消す。
クーラ「ふふ、追いかけっこだね」

MAP、ひとまずクリア

|

« 企画立ち上げ及びグランドプロローグ<namco×CAPCOM・SNK> | トップページ | この際、贅沢は言いません »

ナムカプ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: エピソード1:発端<namco×CAPCOM・SNK>:

« 企画立ち上げ及びグランドプロローグ<namco×CAPCOM・SNK> | トップページ | この際、贅沢は言いません »