« 今週の神様23号:暴かれた真実の巻 | トップページ | ダルシム<ジャンプVSカプコン・カプコン枠> »

子供の自己顕示欲はどうよ~自分なりのヒーローとは・改訂<本当は怖いドラえもん>

さて、先回ヒーローになろうとしての問題点について述べたけれと、今回はその補完的な考察ということで。
まずは前回に関連することで、そもそも子供心にヒーローに憧れるというのは一概に「力がほしい」との思いから芽生えたものだろう。
たしかに人並み以上の能力(ちから)を持ちたいとの願望を持ちたいのが人の性(さが)だろうけれど、やはり現実はどうか、ということで、まずはこの2本を簡単に紹介してから述べる。

『エスパーぼうし』
その日、みんなて隠し芸を披露するということでのび太くんはドラえもんから『エスパーぼうし』を出してもらい、それを使っていろいろ超能力を使おうとした。
まあある程度はうまくいったが肝心なときに力がズレてしまい失敗をしてしまうそうな。

『10分おくれのエスパー(ESP訓練ボックス)』
何とかジャイアンに負けない力を得たいとドラえもんから『ESP訓練ボックス』を出してもらう。
これはこの道具の前で念を送っていろいろと超能力の訓練をするもので、ある程度の顕現が見えて試しに使ってみようとしたが、どれもこれも10分程度遅れて力が効いていくといったものだ。どういうことかと問えば、ドラえもん曰く「使いこなせるには3年かかる」ということだそうな。
~まあどちらもオチは同じようなものなのだが、前者は気合いと集中力をつけろ、後者はことを成すには根気が必要だと、さらに言えばどちらも努力と継続が必要になる、というお話だということで。

さて次に、いざその能力(ちから)を持ったらどうなるか、ということでこのお話をば、
『あべこべ惑星』
日ごろみんなからバカにされているのび太くんを慰めようと、天体顕微鏡なる道具で天の川の様子を見ていたら、偶然見つけた地球とあべこべの惑星にドラえもんとのび太くんが赴いたところ、そこにはのび太くんそっくりな女の子“のび子ちゃん(仮称)”がみんなから天才少女ともてはやされるのを見てのび太くんは「しつこく天才天才というな」とかえって激昂したそうな。
~さてここでは、あべこべ惑星にてののび子ちゃんという形で天才を手に入れたと解釈できるけれど。
まあこの場合は、たしかにパラレルワールドの対存在とはいえ基本的には他人だから、のび子ちゃんを通じてイヤミを言われたように感じて激昂(※感情を高ぶらせて怒ること)したんですよね。まあつまりは願望が強すぎればかえってみじめな気分になる、ということで。

次の2本は詳しいあらすじは割愛して要点だけ述べることにして、
『うつつまくら』の巻にては、自分が天才ともてはやされて、かえって冷めてしまい、惰性で生きていくしかない、といった具合になって、
『人生やりなおし機』にては、せっかく得た幼児以上の才能にあぐらをかいてかえってダメな方に未来を過ごすことになった、といった具合。
まあこれらから見られるように、才能や能力というものはいきなり手に入れても結局はモノにならず、常に磨いて成長させるものだということ、
あと、磨いて成長させる努力をして少ししか伸びなかったとしても、この“少し”が一応の成功といえるのではあるまいか。

さてそんなこんなで現実には人並み前後の力しか出せないのび太くんたちなのだけど、それでもその人並み前後の力でも何とか困難を乗り越えられた、というお話をば。
『正義の味方セルフ仮面』
この日もテレビ番組のヒーローに熱狂するのび太くんとそれをあきれ顔で見やるドラえもん。実際に自分にもヒーローがいればともらすのび太くんにドラえもんは一笑に付す。
しかしその時セルフ仮面という謎のヒーローが現れ、ちょっと抜けた所もあるけれど、ふりかかるトラブルをいろいろ解決していく。
後日、昔の学芸会に使った衣装を見つけ、実はセルフ仮面というのはのび太くん自身ということがわかった。
そんなわけで、セルフ仮面の衣装に身を包み、過去の自分自身のピンチを救いに行くのび太くんだったそうな。
~まあこのお話は結局身に降りかかるトラブルを解決するのはやはり自分自身(SELF)という教訓が込められているけど、これは素直に納得できる。
ちなみにこのお話の冒頭でドラえもんは熱狂しているのび太くんにあきれてはいるけれど『ライオン仮面の巻』にてマンガの続きを手伝ったのは他ならぬドラえもんですよ、とツッコんでおいて、
お話のオチにてセルフ仮面に扮したのび太くんだったけど、結局は問題はある程度自分で解決できるではないかといった結論に至る。
まあ自分なりの力を出し切って、それが少しの結果でもいいから出しなさい、といったことが伝わればいいかなあ、とも思ったりして。

ここはあえて大長編の事項を抜いて述べたのだけれど、結論として少しでも着実な努力さえあれば、それこそいざというときに自分なりにヒーロー張りの活躍ができる、といったところではないだろうか。

|

« 今週の神様23号:暴かれた真実の巻 | トップページ | ダルシム<ジャンプVSカプコン・カプコン枠> »

ドラえもん」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1436942/39461618

この記事へのトラックバック一覧です: 子供の自己顕示欲はどうよ~自分なりのヒーローとは・改訂<本当は怖いドラえもん>:

« 今週の神様23号:暴かれた真実の巻 | トップページ | ダルシム<ジャンプVSカプコン・カプコン枠> »