« 3月の予定 | トップページ | ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団、ですか »

風間火月<真サムライスピリッツ2>

さてみなさん、今回の真侍魂2にて、天サムからの顔役の一人、風間火月をお送りいたします。
天草の乱の影で蠢く真の魔に立ち向かう一方、自らに宿る魔の片鱗にも立ち向かわねばならない。そしてそのカギを握るのは・・・・・。
まあそんなこんなで、それでは、ごゆっくり。

ベースストーリー
風間の忍としてその腕をふるっていた火月だったが、天草の乱に伴い妹の葉月がさらわれ、里の掟を破り抜け忍となる。のちに里を抜け、伊賀忍軍の監視と保護のもと葉月とともに穏やかに暮らしていたが、さらなる凶事に伴う忍刀の異変と自らの内なる力の謎を突きとめるべく。闘いに身を投じる。

ゲームオープニング
島原の凶事より時は流れ、今まさに嵐の予感があった。
火月「また魔の手ってやつか、まとめて燃やし尽くしてやるぜ」

中間デモ
火月「クッ、何なんだ、身体の中で何かが暴れ回って、いる、ぜ・・・・・」
火月、異界に飛ばされ、その先には黒い影が待ち構えていた。
「ラキキキキ、流石は炎邪を宿せし者、さあ、我がもとにくるがよいて。ともにこの世を焼き尽くそうぞ、ラキキキキ」
火月「・・・グ、ゴゴ、コト、ワル・・・・・」
火月、炎邪の姿に変貌する。
炎邪「我、コレナル火月ニ伏セラレシ者、我ガ力、スデニ火月ノモノ。ユエニ汝ノ意ニハ従ワヌ」
「ラキキ、ならば滅びを待っておれ」
火月、もとの場所と姿に戻る。
火月「助けられたか、くそっ、ふがいねえ」

最終戦デモ
魔の本拠を前に、高台に立つ火月
火月「とうとう来たぜ、今までの借り、まとめて返してやるぜ」
2つの聖石が吸い寄せられ、魔の社が現れる。
「ラキキラ無理無理キキッ、ンキキラッ、喰ってやろう!!!!」
火月「行くぜ、うおおぉぉぉ!!

エンディング
ミヅキを退け、高台に立つ火月。
火月「これでかたがついたぜ、おっ、なんで葉月があんなところに」
火月、崖から飛び降り林の中へと降り立つ。そこには妹の葉月がいた。
葉月「兄さん」
火月「おい葉月、あまりほっつき歩いたら、何かと面倒なことになりかねねえ。さあ早く帰ろうぜ、ぐっ・・・・・!」
突然辺りが深紅になり、火月は炎邪と変化する。
炎邪「クゴゴゴゴ、大日ノ影ノ残リ気ガ、我ニ、入リ込ム、ググ、流石ニ、抑エツケラレヌ・・・・・」
葉月「・・・心配は、いりませぬ・・・・・」
突然、葉月も異形へと変化する。
炎邪「クゴゴ、オオ、ヌシハ、空邪!?
空邪「ふむ、葉月の祈りに応じまかりこしましたが、なるほど、ここは貴方を抑えることに致しましょう」
炎邪「ムウ、スマヌ、シカシ、葉月ガ、心配ダ」
空邪「確かに、我らの顕現は葉月に負担を与えるもの。されどひとまずは大丈夫でしょう。さて、今こそ大日の影の残り気、抑えることと致しましょう」
炎邪「ウム、スマヌ」
空邪、炎邪とともにアンブロジアの残り気を封じ込め、火月、葉月ももとの姿に戻る。
倒れ伏す二人、やがて二人とも起き上がる。
火月「・・・くっ、葉月、まさかお前が助けてくれたのか」
葉月「うん、ええと、何か分からないけど」
火月「とにかく、俺も強くならねえとな。お前を守れるくらいに。さあ、帰ろうぜ葉月」
葉月「ああっ、待って、兄さん」
火月、葉月、ともに跳び去っていく。
(スタッフロールへ)

|

« 3月の予定 | トップページ | ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団、ですか »

サムライスピリッツ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 風間火月<真サムライスピリッツ2>:

« 3月の予定 | トップページ | ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団、ですか »