« 孫悟空・改訂<ジャンプVSカプコン> | トップページ | 今週の神様52号:手探りの僕たちの巻 »

今更ながらファイナルファンタジーⅦについて語る・改訂

さてみなさん、今回はかつてのゲームレビューの中で今でも読めるかなと思いこの記事を選びました。それでは、ごゆっくり。

 97年にプレイステーションに移してのFFシリーズとして『ファイナルファンタジーⅦ』は発売された。
 今までの2D表記のRPGから打って変わっての本格的に3D表記のRPGとして当時のゲーマーの度肝を抜いた。
僕も最初はその3Dに戸惑ったが、今までのゲーム感覚以上にやはり楽しめた。
中でも今までよりも近未来的な世界観と野村哲也氏のメインデザインがその魅力を一層引き立てたこともある。

その中でも忘れてはならないのはヒロインの一人だったエアリスの存在である。
OPのムービーでの登場からその存在感に惹かれ、プレイを進めていくうちに感情移入した人も少なくないはずであった。
しかしゲーム中盤、忘らるる都にてメテオをに対するホーリーを発動させるも、セフィロス(実際はその分身)の凶刃に斃れてしまった。
編者自身もそれにはやはりこたえた。それ以降も多少は引きずりながらプレイし、ショップ画面の空欄を見て切なくなったのは思い出であった。
まあ結局復活せずじまいで最後「お星様になっちゃったんだなあ」という感慨が残った。
それからも多少の未練は残ったまま日々を過ごし、後にエアリスが使用できるコードも発見されたが流石に使う気にはなれなかった。
また後に続編がいくつか出たけれどいずれも外伝やスピンオフ作品ばかり。
しかし今になってスクゥエアとエニックスが合併した今、ドラクエⅣのロザリーと同格に扱えると軽く思った矢先、リメイク版にてロザリーが生き返る展開になってしまったではないか。もっともキングダムハーツにてエアリス自信もゲストとして登場しているが。

まあそこでⅦのEDをかんがみて、勝手に純粋な続編を考えてはみたけれど。まああくまでも編者の創作なのであまり本気にならないようにして下さいね。

Ⅶの時代から300年後、ナナキは子供たちを引き連れてミッドガルの森へと向かっていた。
ナナキは一族の長として仲間たちを率いていた。歳も当時の少年期から壮年期と差し掛かってきた。
「父さん、本当にこの森にいるの」
「間違いない、星の巡りがそう教えたのだ。そう、約束は今こそ果たされる。そう、かつてクラウドが言った。『案ずることは何もない、我らは再びエアリスのもとに集う』とな」
といって、ナナキたちはすでに朽ち果て、開け放たれたままのミッドガルの入口に足を踏み入れる。

とまあこんな具合ですね。まあ、今となってはこれを創る気概が今のスクエニさんにあるかは分からないけれど。

|

« 孫悟空・改訂<ジャンプVSカプコン> | トップページ | 今週の神様52号:手探りの僕たちの巻 »

スクゥエア・エニックス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今更ながらファイナルファンタジーⅦについて語る・改訂:

« 孫悟空・改訂<ジャンプVSカプコン> | トップページ | 今週の神様52号:手探りの僕たちの巻 »